競泳水着各種

衣装リスト

各種、競泳水着のヴァリエーションです。別記事にも書きましたが、ハニセレ2になって、生地の表面の素材感がかなり変更されております。

追記:実際はこの仕様は一部環境でのみ起こる事態だったようです。アップデートによって、当方の環境でもAI少女時代のものに戻りました。画像は、その限定された一時期のみに見られたつるっとした状態のものを敢えてそのまま使用しています(結構気に入っているので)。

黄金

黄金、と言っている割には、むしろ、あの競泳水着の乾いた感じを意識しております。

ツヤも質感も敢えて0にし、極力まで乾いた感じ、引き伸ばされた感じ、という競泳水着の魅力の極北の方へ近づけようとした一枚。

競泳水着水色

競泳水着と言えばこの水色、というマニアックな競泳水着ファンも多いのではないでしょうか。

こちらも、ツヤ感と質感を廃した、乾燥と伸縮を意識した一枚です。

競泳水着濡れ

こちらは打って変わって、競泳水着そのものの柄の中に、濡れ加減を予め封じ込めようとした一枚。

スタジオなどで濡れ設定にしてなくても初めから濡れてます。そこから、さらに実際に水分を含ませるもよし、このままの艶感を楽しむもよし、の万能な一枚です。

競泳水着レモン

こちらは敢えて裸パーカを合わせ、プールサイド感を演出した一枚です。

別にこの裸パーカ設定はすべての競泳水着に付け足してもいいのですが、レモン色は一枚だけだと淡白になりそうなので、特にこの色合いに対して着用を選択しました。

競泳水着紫

薄いパープルの色合いと、競泳水着デフォルトの生地の透け感を合わせた一枚。

特に何も透けていないのですが、肌色に近い色合いだと、この透け感はより強調されると思います。

競泳水着グレー

逆に、ツヤ表現と質感を強め、メタリックな光沢を再現しようとした一枚。

この、ツヤ加減と乾き加減の調節によって、拘束具のようにも伸縮自在の科学素材のようにもなるというのが、競泳水着という衣装の最大の特徴だと思われます。

競泳水着白

競泳水着グレーの延長で、白の光沢感を意識しました。胸にかけたゴーグルのオレンジピンクも一つのアクセントです。

競泳水着薄水色

よりシャープで淡い水色です。通常の水色に比べると、こちらは光沢感をより重視。

競泳水着ピンク

こちらも炭酸飲料のようなスカッシュ感を重視しました。

競泳水着肌色

こちらは少し変化球の色で、より肌色に近づけることで、生々しい雰囲気に近づいていければいいのかな、と。

競泳水着ターコイズ

ターコイズ、エメラルド系が好きなので、競泳水着でもバリエーションを作ってみました。

競泳水着橙色

ピンクと余り変わらない気もするのですが、赤みがやや強いです。

コメント