ライブラリ内カテゴリの非表示設定が、Steam Clientのアップデートにより解除される

CRPG関連

ちょうど二ヶ月ほど前、「Steam Cloud 上のセーブデータを削除する方法」
という記事を書いたんですが、この中でも触れているクラウド設定の勝手な改変という件、これSteam Clientのアップデート毎に毎回繰り返されるんですね。

というか、その辺のことはこちらでも予測済みなんで、いやいや、もうSave Dataの勝手なクラウド保存はさせませんよ、と今回は悦に入って真っ先に設定項目からクラウドによるSave Dataの同期保存の項目のチェックを外したんですが、ちょうど二ヶ月ほど前にも出くわした罠がそこには潜んでおりました。

(以下の記述は当方の特殊環境下の話なので、必ずしも全てのSteamユーザーの皆様に当てはまるとは限りません)

………おいおい、俺、積みゲーも合わせてこんなにゲーム所持してたのかよ(笑)
いや、むしろそんな事実を思い出させてくれてどうもありがとう。と、思わず呟きかけました。

まあ何が言いたいかって言うと、結局、つい二ヶ月ほど前にも再設定しておいたライブラリ内カテゴリの非表示設定が、また全部解除されて「ゲーム」枠に一即多にされていたんですね。

勿論、もう一回全部設定し直せばそれで済むだけの話ですが、クラウドの同期設定も含めて、Steam Clientのアップデート毎に全部一からやり直し。というのではあまりにも面倒臭すぎるので、ここからが本題。

結論から言うと、Steam Clientのアップデート後にも、
Steam Clientの設定を維持する方法は、
記事執筆時現在、見つかりませんでした。

ふざけんなよお前! という検索者様の声が聞こえてきそうですが、これ、割とマジな話です。

how to keep steam library hidden settings after client update
などなど、

前回Steam Cloud 上のセーブデータを削除する方法、を探し出したときと同様になけなしの英語力でSteam Community 内を中心に検索をかけてみたんですが、現段階では見つけられなかったッス。

というか、ちょうどこのSteam Client の更新の前に、Windows10 の April 2018 Update も入ってたんで、もしかするとそっち側が原因なのかな、と一瞬疑ったりして、いや流石にそれはないだろう、と思い直し、神経症的な人間に特有のドツボにはまりこんでしまった、それが俺の直近の小一時間というものでした。

まあ厳密に言えば、外部ツールなりコマンドなりを使えば全く不可能ではないのかも知れませんが、自分が探しているのはそういった方法ではなかったので。現在のSTEAM Clientを普通に使いつつ、且つ普通にオートアップデートなども行いつつ、一度設定した非表示カテゴリーを維持するのにはどうしたら良いのか、それが知りたいんだけれどもWEB上には必要な情報がなかった。ということです。
期待して読んでくださった方、マジすいません。

いや逆に、解決方法を知っている方がいれば教えてもらいたい位なんですが、解決策はない、とむしろ開き直ってみると、まあ特別不便なことがあるわけでもない(笑)。

ゲームプレイのためにはタスクトレイ上から直近の履歴を指定すればいいですし、現在インストールされているタイトルについては初めからライブラリ内でカテゴライズされて表示させられますしね。ただ、何とも言えないこの違和感だけは、個人的に後二週間くらいは残ると思います。

で、さらに逆張りで、むしろこれを契機に長らく非表示設定にしていたゲームを遊んでみたいな、とも思いました。

ArcaniA
The Banner Saga
Dungeon Rats
Eschalon: Book
Reigns
StarForge
Universe Sandbox
etc…….

おお、俺これ買ったのにまだやってなかったのか、とか、いや、何で俺これ買ったんだろう、っていうタイトルも含め、俺のSTEAMライブラリには数多くの宝が眠っていたのです(笑)。

今思えば、結局これらの作品の全てに対して、どこかのタイミングで金を出して買ったんですよね。このままにしといちゃ勿体無いし、普通に遊んでみたい。

(ただ、一方で、自分の場合はせいぜい百数十タイトルで全体を俯瞰できますが、場合によっては千タイトルを越える所持本数のユーザー様もいらっしゃるわけで、やっぱりライブラリ内のタイトルをカテゴリ分けできないのは非常に面倒くさいですよね。しかし2018年5月現在では解決策が見つけられなかったのです。繰り返し、ごめんなさい!)

ということで、なんかごちゃごちゃしてしまいましたが、この記事では~を~する方法、というhow to 的な初めの趣旨からは逸脱して、改めて積みゲーを省みる、という逆・断捨離的な方向に着地したいと思います。それしか方法がないのでね。

いや、マジで、初めにライブラリ内の非表示設定が解除されたときには、「積みゲーの亡霊か!」と無言で叫ぶくらい面食らいましたが、それもすべて俺の所有するゲームだったのです。

……………………
その数時間後。
……………………

ん~~、しかしいざ改めてインストールするタイトルを選ぼうとすると、特にやりたいタイトルがない(笑)よし、そしたら当面プレイする気の起こらないタイトルを非表示設定にして……。
以下、無限ループ。ではでは。

コメント