「Mimesis of Frautal」への誘い

CRPG関連

ご無沙汰しております。当ブログの管理人のtanemoto endou と申します。唐突なんですが、この度、私は恥ずかしながら自作神話小説のサイトを作りまして、そのサイトの紹介を、こちらの自分のブログの方でもさせて頂こうと思い、記事に致しました。

サイトのURLは
https://frautal.space/です。
(当サイト内のメニュー、ウィジェットからも飛べます)。

まあ、需要がないことは分かっているんですが、完全な自己満足の中ででも、なかなか継続して構築しようという覚悟もできず(汗)、公開自体をためらっていたものの、結局、叩き台のような所までを立ち上げる運びとなりました。

ちなみに、実は三年ほど前にも同じような試みをしたことがありまして、その時は気力が続かずに誰からも気づかれないまま結局閉鎖したんですが、今回改めて、その時の内容も再録しております。ですので、もしその三年ほど前のブログを見たことがある方にとっては、ほぼ内容が重複しております(ですが、転載ではありません)。ので、ご理解の程、よろしくお願い致します。

飛び先のサイト内の「このページについて」という記事の中でも、その神話サイトの方向性などについては言及しているんですが、サイドバーを左に設けることも含め、なんか、ウィキっぽいページを目指して構築しております。まだまだ、ざっとした世界イメージの外観、といった段階ですが、人名や地名、団体名など、徐々に内容を充実させていければいいかな、と思っております。

まあ繰り返しになりますが、ほぼ需要はないはずですし、(つーか、今現在、この記事自体も、俺は壁に語りかけているような状況である可能性も否定出来ないわけで……)このブログと同じ筆者によるサイトの構築が、どの程度の速度で進んでいくか、私自身、全く予想できておりません(笑)。そこは本当に、気のみ気のまま、と言った感じです。

逆に、もし一人でも興味を持って下さった方がいたとして、展開そのものも含め何ものも保証できない趣味のサイトです。一応、コメント欄とは別にお問い合わせフォームも神話サイト側には置いてありますので、万が一、ご意見などあるようであれば気軽にお声を掛けて頂けると幸いです。

何にしても、もし継続してサイトを構築していけるとしても、新たな神話サイト上の「連載」が終わるのは、早くても十年後、とかになるでしょう。そこまで行けるかどうかは、一回頓挫していることも含め、マジで分かんないっす。そこはすいません。

…………………………
というより、リアルライフとのバランスも含め、私自身、ブログとの付き合い方をどうしたらいいのか、分かっていない部分のほうが大きいのですが、(本当に、息の長いブログ連載をされている方々を尊敬します)それにしても、何とか、持続的に発展させていけるように、ひとまず現時点では考えております。

で、そういうわけですんで、新たな「神話サイト」の方を覗いて頂ける方の絶対数を増やす意味で、こちらの「ポリアモルフィズム」の方も、引き続き、色々としょうもない部分もありながら記事を増やしていこうと思います。

まあ、海外PCRPGの批評と、自作神話小説っていうのは、(ブログ筆者の記事がかなり独りよがりな所を除けば)共通して興味を持ってもらえる部分も多い、とも思いますので、何度か、繰り返しこのサイトに足を運んもらっている方がいらっしゃいましたら、双方のホームページとも気にかけて頂けると嬉しく思います。

冗長になりましたが、ひとまず以上です。
……良い狩りを!

コメント