悟りを促す風俗経営者「アルツール・ミラニ」

Mimesis of Frautal

VR1091年生まれ 男性

アルツール・ミラニは、「セックス・アズ・ア・サービス」の提唱者として知られる。

彼の試みは、ある意味では性接待の「ゲーム化」であり、イローパンの売春宿で働く女性と女性の性的サービスをビンゴゲームのように区画化して組み合わせ、列を揃えるごとに、新たなサービスを開示する、という顧客確保のための試みを行なった。

これによりミラニは巨額の財を得ることになるが、一方で、彼はそうして商売の繁盛するごとに疲弊していく売春婦たちの保護にも積極的であり、アンティゴネとレジスにまたがる売春婦の生活協同組合を設立したことでも特に評価されている。

一時期は、北ディレリア総督府の長に推薦されるほど名声を高めたミラニであったが、他方でその「サービス」の内容が、あまりに賭博に似通っていたため、政治と選挙活動への彼自身の考案した手法の転用を始めた数年のうちに、彼を貶めようとした者によるエスクケイルの教皇庁への密告を境に、「政治家」としての彼の前途は閉ざされてしまったようだ。

こうして、イローパンの区画長の立場に長年の間居座ることになったミラニだったが、近年では、エロイーズの女の黄金の肌を手元に収めてみたいと思案を重ねているようで、国を越えてノルジッドの銀の利権に手を出し、エロイーズ、ディレリア双方の共同開発地帯に指定されているレプリカントに最高級の売春宿を設立しようと目論んでいる。

実際の所、VR1150年現在、彼の考案した「悟り部屋」という風俗サービスは、フロウタール全土で最も高い評価を得た「ご奉仕」である。その内容はと言うと、レジスの極端に外部との接触の絶たれた一室で、過去の伝説となった商用ヴィジョンの中のポルノ映像に合わせ、新たに「声優」としての風俗嬢が声のみを当て直す、というものである。この声は、耳の双方に据え付けられた糸電話によって増幅され、あたかも過去の名女優に耳元で囁かれているような効果を促すのだという。

ちなみに、当のアルツール・ミラニ自身が愛したのは、ハレル・タミズ、というディレリア王宮専属のメイドが、エスクケイル内に差し込む日を存分に浴びてグラビア撮影した商用ヴィジョンの主観映像である。この、ハレル・タミズのヴィジョンに対する声合わせ、がレジスの悟り部屋で選択できない場合、他ならぬ、ミラニ自身がその映像を独占している可能性が高いというのは、ディレリア国内でのアイロニカルジョークのテンプレとなっている。

一日の行動の優先順位

1 自分の雇用している風俗嬢のリストを見る

2 新たな性的サービスについて考える

3 レプリカントを視察に行く

4 国の要人と会う

5 下半身の滋養強壮を心掛ける

6 タミズの悟り部屋に籠もる

SPECIAL
1478621
闘争華美飽食享楽不寛勤勉渇望
011400
空間性時間性
42
保持スキル経営賄賂脅迫

コメント