破滅と救済を願うバナナ農園主「ミンア・タム」

Mimesis of Frautal

VR1115年生まれ  リウネ出身の女性

パルスプラントとン・テラの諸部族の圏域の国境沿いの寒村に生まれたミンア・タムは、バナナやカカオ農園に関する、エロイーズの首都、ザイスの交易業者との折衝でよく知られている。

カカオ農園での児童労働者の保護に尽力し、陰樹の影で不当に扱われている少年や少女のために、サンスクリーン・ハウス、という共同生活所を作ったことは彼女の主な功績である。

こうした、彼女の気骨に溢れた行動や性質は、特に父親からの影響が強いようで、その父は一説によると、パルスプラントの各所をつなぐ交易路を行き交う「無蓋車」の開発者の一人だとも言われている。(一方のタム自身は、村の各所の排水をより清潔なものにするために、弁のようなものを便所や風呂場の排水口に取り付けることにも尽力している)。

また、その父の影響からか、タムの信仰は、パルスプラントの一部ではごく一般的なインベイディスト(ン・テラ部族からの侵攻が、フロウタールを浄化する、というもの)に強く傾いており、アリウス・ハンの遺跡への巡礼を、毎年欠かさず続けているようだ。

他方で、何年かに一度ディレリアから訪れる商用のヴィジョン、には強い嫌悪感を示しており、その魔術的な要素、映像の投射が何らかの機械の仕掛けに過ぎないことをいつか解き明かしてやりたい、とも考えている。

一日の行動の優先順位

1 農園で作業をする

2 子どもたちのいるハウスに顔を出す

3 炊事や掃除など家事全般

4 農作業などに使う工具の研究

5 ン・テラ諸部族からの侵攻を願う

6 ヴィジョンに嫌悪感を示す

SPECIAL
3675658
闘争華美飽食享楽不寛勤勉渇望
100023
空間時間
42
保持スキル栽培料理発明

コメント