エモーションクリエーターズに向けたコイカツキャラメイク(MOD未使用を前提として)

コイカツ関連

イリュージョンからリリースされる「エモーションクリエーターズ」。これ、実質巨大DLC的な位置付けですよね。コイカツダークネス、という予約特典もつくようですし、コイカツ向けの衣装類などの転送もできる。いやあ、コイカツにズッパまっていた人間にとっては素直に嬉しいですね。

で、こっからが本題なんですが、まあ今後もコイカツを楽しんでいける幅自体は、しばらく保たれていくんじゃないか、ってことですよね。キャラメイクの画面なんか見ても、ほとんどそのまま、って印象受けましたし。

後から出てきた情報によると、コイカツからのキャラデータの読み込みも可能、ということで、エモーションクリエーターズでのシーンのアップロード、なども含め、本当にそのまま、今まで作ってきたキャラたちや衣装も流用可能なのでしょう。そして、それらを活用した新たな遊びの幅が広がっている、と。

正直な所、ここ数ヶ月は、私自身コイカツデフォルトの遊び方、キャラ構成の仕方からはかなり離れた方向に(特にスライダー設定の部分において)移行していたんですが、やはり実際のエモーションクリエイターズ、の発売が迫ってくるに連れ、公式にシーンをアップロードしたい思いが強まってきまして、ちょっと、それらの記事内容とキャラクリを整序する必要に迫られている所でもあります(勿論、コイカツダークネスのみをシングルプレイで楽しむ、のも全然ありかと思いますが)。

というわけで、いよいよエモーションクリエイターズ発売前一ヶ月を切るに当たり、以前書いた記事を改めて整理し直し、特にスライダー関連において拡張していた各要素の設定を、元々のコイカツのキャラ造形の一番オイシイ部分、カワイらしい部分に引き戻す、という(かなり不毛な)工程を行いました。その辺のことは以下にキャラメイクマニュアルの私家版としてまとめてあります。

コイカツキャラメイクマニュアル私家版のまとめ
キャラリビィルドの度に記事を追加していたら、取り留めがなくなってしまったんで、記事を一覧化しました。方向性そのものに嫌悪感を覚える方もいらっしゃると思いますし、あくまで私家版という...

いや、やっぱり色々な人とシーンを共有するっつうのが醍醐味な新作がリリースされる中で、どうせならコイカツのキャラメイクもそこに直接つなげたいですからね。逆に言えば、シーン共有とかするにせよしないにせよ、まだまだコイカツを遊び続けられるのは素直に嬉しいし、本当に、キャラメイク自体には終わりがないとも思っているんで、エモーションクリエイターズに向けて、今後ともコイカツともども定期的に触っていければいいと思っている所です。では。

コメント