耳・鼻・口の造形の細部:コイカツキャラメイクマニュアル

コイカツ関連

耳・鼻・口に関しては、そこまで大きな変更はないように思います。記事内でも書いてありますが、鼻・口の位置取りだけ、再調整の必要があることにご注意下さい。

上にも書きましたように、この耳の項目に関しては、デフォルトから特に際立った変更点はないので、すべての項目値をまとめて一項目としました。というわけで、すでに下限方向にリバランスされている方はそのままでも問題ないと思います。

具体的には耳のサイズ、の値ですね。ここを0に設定する。そして、耳の角度Y軸とZ軸の調整で、若干外に広がり気味のバランスを、頭部に沿うような形に設定し直す。

そして、少し鋭い印象を持たせたいのであれば、耳の上部形状の値だけいくつか付け足してやればいいでしょう。まあ、みんながみんなこんな格好いいエルフ耳を持っているわけでもないかとは思いますが、そこはなんなら理想形から格好悪い方向にキャラごとに差し引いてやればいい。というわけで、個別の設定があまり発生しない項目ではあります。

鼻の各項目に関しては、あまりにも明白です。というのも、目の上部方向への調整に伴い、鼻、及び、口の上下位置まで上部方向に再調整しなければならないのですが、特に鼻の上下の場合、この上部調整を施すと、横から見た造形が変わってしまいます。

具体的には、鼻先の高さと鼻筋の高さ、この値が、鼻の上下位置のリバランスに伴い、微妙に変わってくる。上に寄せれば寄せるほど、傾斜が急になるとでもいいましょうか。

鼻の場合は、別記事の段階でも高さ表現よりも自然な流れを重視すべきだと書いたんですが、特に私が新たに模索している方向性の中ではこの端の上下位置の項目を弄ることが多くなってきますので、それに伴って再調整を強いられる部分ではあります。

口の上下

この、口の上下に関しても、鼻と同様に、目の上部方向への移行に伴い、上限方向に動かしていかなければならない要素ですね。そこで気を付けなければならないのは、鼻と口の間をどの程度離すか、という所ですね。

ここをあまりに近づけすぎてもおかしいし、一方で離しすぎると、顔全体がのっぺりと弛緩した印象になってしまう。さらにいうと、この点をどのくらいのバランスで動かさないといけないかという点は、顔全体の上部上下の値とも関わってくる。

顔の上部上下を広く取った場合は、鼻と口も通常よりも上げなければおかしいし、そこを狭く取った場合は、逆に距離を多めに取る必要がある。まあ、この辺の微調整はその都度行っていくしかない部分ではあります。

口の横幅

こちらは、数値設定よりも、別項目の「化粧」の方の、リップの種類、との関わりがより密接な項目でしょう。

タイプ6とか7の、幅設定が弱めに印象付けられた形を選ぶ場合は、その分の「弱められた」幅をキャラの設定に追加してやる必要がある。逆に、タイプ5などの幅がそのまま生かされる形状の場合は、6や7から移し替えるときにはその分を削る必要もあるでしょう。

もう一つ、これはキャラスタジオなどとの関連もあるのですが、口の横幅を100近くに設定していると、表情によっては不自然なしわができることもありますね。これは頬の幅との兼ね合いもあるのですが、ほっそりした頬であればあるほど顕著になります。今後、エモーションクリエーターズなどを遊ぶ際にも気をつけたい所です。

口の前後

そして、口周り、顎周りの顔造形にとって、ある種裏技的に重要になってくるのが、この口の前後の数値です。

この値自体は、ちょっとおちょぼ口のかわいらしい顔を演出するのに一役買ってくれる要素なのですが、顎造形との関わりで全く重要性が変わってくるのは、顎の前後、の値を大きめにとって少し尖った顎を作ろうとする場合の、若干締りのない顔の印象を弱められるからです。

この口の前後の項目を0近くにすることで、顎を出っ張らせた場合の顔全体を手前に引き締めることができる。こうした微調整は、リアル系キャラメイクにとって非常に重要だと思われる所です。

口の形式・形状広角

この2つの項目を一つにしたのは、正直、数値設定上の変更の影響があまり見えないから、ですね。

唇のプックリした顔、っていうのは非常に魅力的だとは思うのですが、この形式上と下の数値を厳密に設定してもあまり明確にはならない。そうしたら、はじめから化粧枠のリップの種類を変更した方がいいでしょう。

他方で、形状広角に関しても、100がデフォルト設定になっていると思うのですが、不機嫌そうな顔を演出しようとするあまり、この100からマイナスしすぎない方がいい。なんか、小動物的な印象が強めに出ますから。この値は、実際にはキャラスタジオの中で表情を詳細に付けたりもできますんで、あまりこだわりすぎなくてもよろしいかと思います。

←マニュアルの全体図へ戻る

コメント