顎の造形:Wide slider導入後のコイカツキャラメイクマニュアル

コイカツ関連

顎の設定項目はWide slider導入後、目元、顔全体と並んで最も多岐にわたる変更要素です。キャラの特徴を表した比率維持のための方法を踏まえつつ、新たな輪郭を色々とお試しになってみて下さい。

顎の下部上下

さて、ワイドスライダー使用後の最重要項目である顎の下部上下ですが、この値も、基本的にはマイナス方向に削っていく形になります。ただ、ここで気をつけなければならないのは、「顔全体」の項目に施したように、-100までの値を存分には使わない、ということです。

何故かと言うと、顔上部のバランスを削った分に対し、顎の側を削る分を少なくすることで、前述したボブルヘッド人形的、なバランスからの逸脱を図る必要があるからです。この「差額」をどの程度に調整するかということが、ほとんどキャラクタの顔の印象を決定づけるでしょう。

顎の下部奥行き

この項目は、バニラの時点での調整からほとんど替えなくて良い要素です。ただ、私自身勘違いしていたので一つ補足すると、この数値は顎の鰓の張り具合、というより、顎の下側の肉の付き具合のようなものを補完しています。ですんで、シャープな顎で、かつしっかりと鰓の張ったような顔立ちを作るためには、ここの項目をいじったのではうまくいかない方が多いです。

ですので、ある種の顎のふっくらさ加減を表現するためのものと割り切り、0~50くらいの間で調整したほうがいいでしょう。

顎の上下

顎の下部上下と同様に、こちらもマイナス方向での調整が必要になってくる要素です。この必要性に関しては、むしろ、初めに「顔全体」の項目を調整してみてもらったほうが分かりやすいでしょう。そちらの項目を削った分だけ、こちらも調整し直す必要があるというわけです。

ただ、この値をどの程度削るか、という点に関しては、注意するべき点は2つあって、一つは。大体ー50以下にするべきではない、ということですね。ワイドスライダーで無理やり削っているわけで、実際にやってみてもらえればわかるのですが、なんか顎が割れたような線がついてしまいますから。これいかにして造形を崩すことだけはないようにすべきでしょう。

もう一つ、項目置換の比率を維持する、という既に別記事で書いた方法を踏襲するということですね。マイナス方向の調整でもそれは変わらない。特にバニラからのキャラの移し替えの場合には、この点を考慮して既存キャラの特徴を失わないように心がけるべきでしょう。

顎の幅

ここの値も、微妙ですがマイナス方向に調整することが有効な領域です。ただ、顎の下部の上下調整、顎の上下調整ほど極端に調整すべきではない。というよりも、ここの値をどの程度削るかというのは、別項目の「頬の幅」、との兼ね合いになってくる。

顎自体は細いんだけれども、頬の幅によってぷっくりした顔のバランスにすることも可能だし(この場合、顔の印象は幼くなる)、顎の幅をしっかり出して、かっしりした印象にすることも可能でしょう。ただいずれにしろ重要なのは、あまりに顎の印象が強くなりすぎないよう、上下バランスの方をしっかりと削る、ということですね。そこを踏まえた上で、顔の下部の横幅、の項目では調整しきれない微妙なラインを、輪郭線として表現できればいいと思います。

顎の前後

こちらの項目は、バニラの場合と同様に、そこまでこだわらなくて良い要素です。ただ、顔の下部前後のバランスの方で全体を突き出た印象にするよりも、顎の前後だけを微調整した方が、結果的に全体のバランスを損ねないで済みます。

そして、顎だけの突き出た印象を軽減するために、逆に顔下部のバランスの方をマイナス方向に調整するちょいテクも別項で解説したとおりです。なんにしても、0のままでも何の問題もないでしょう。

顎先の上下

顎の下部上下、顎の上下とともに、キャラの特徴となる三項目の比率を維持したままでのマイナス方向での調整が必要になる項目です。

ただ、この顎先の上下の場合、さらに注意しなければならないのは、他の項目はー50までは削れると書いているのですが、こちらの項目は-40が限度であるように見えます。顎の上下と顎下部の上下の記事でも書いたとおり、不必要な線がついてしまいますから。まあ、この辺りは、公式の保証範囲外でのツールを使用していると割り切る他ないですね。

顎先の前後

こちらの項目に関しては、バニラのための別記事で書いたとおりです。少ししゃくれた印象を作るためにいじろうとしてしまいがちですが、ほとんど何の役にも立ちません。

顎全体を尖った印象にしたいのであれば、この項目よりも顎の前後の方を調整した方が賢明だし、もしそれ以上にシャープさを求めるのであれば、この顎先自体の上下そのものを微調整して、長さの側から補完するほうがよろしいかと思われます。

顎先の幅

この値も、基本0でいいのですが(頬の幅の側でも調整できる)、顎先の張った感じと、その顎先自体の丸みを作りたい場合には、有効な手段になるかもしれません。

ただ、あまり顎の長さや幅をリアルなバランスに近づけようとすると、極端に顎の長い印象になりかねませんので、顔全体のもっさり感、窮屈な感じを取り除きたいのであれば、むしろあまりいじらず、場合によってはマイナス方向での調整を考えてもよろしいかと思います。

←マニュアルの全体図へ戻る

コメント