体の全体設定の細部:コイカツキャラメイクマニュアル

コイカツ関連

特に、顔全体の側のリバランス後に、こちらの側の数値設定の見直しは必須になると思います。それに伴って、他の項目まで全部変えるかどうかは、判断が難しい所です。

………………………………………
2019年4月7日追記:その後、体バランスの最終的なリビィルドを行いました。以下の内容を元に、さらに発展させた内容となっているので、よろしければそちらもお読み下さい。

体バランスの最終構成:エモーションクリエイーターズ&コイカツキャラメイク
どうも俺の作るキャラには何とも言えない体のなまめかしさ、艶のようなものが足りない、そう思い始めたのが、ちょうどエモクリ発売一ヶ月を切ったここ最近というものでした。(以下は、コイカツ...

身長

身長に関しては、周りの建物との相対的なバランスから、スライダー内での大体の扱い方を決めるというのは、別記事で述べたとおりです。

ただ、私自身、キャラスタジオ内で撮影を続けていると、これ、建物の中の家具自体が結構縮尺とかあっていない部分も多いですね(笑)。だから、20~60の間に150cmから170cmを当てはめる、という私のバランスだと、建物の天井自体に対する割合が、少し小さすぎるかもしれない。まあ、そこは逐次読み替えていけばいい、ということで。

頭のサイズ

で、スライダー設定模索後の顔全体バランスの見直しの中で、この頭のサイズの項目は、リバランスを迫られる要素ではあります。

というのも、特に顔全体バランスの各項目値を拡大するとなると、逆にこちらの頭のサイズは小さくする必要がありますからね。勿論、規定では0以下にはできないんですが、0では小さすぎると思って5~10付け足している方も、顔全体バランスの見直しに伴って結局は0付近で落ち着くと思いますね(それでも若干大きすぎるくらい)。

ただ、一方で、これも目の大きさのバランスと同様なのですが、この頭のサイズと体のバランスは、あまりにリアルを追求しようとしすぎない方がいい、とも思える。ですんで、翻って言うと、顔全体バランスを幾つか付け足して、こっちを0で設定するくらいの少しデフォルメされた体つきは、コイカツ内のキャラメイクにとっては一番かわいらしい加減なんでしょう。

なんでこんな回りくどく書くかって言うと、これ、記事内の別項目でも述べますが、手・足の長さは変えられないんですよね。細くすることで、長さを出すことなどは可能であっても。だから、手や足の数値も0付近にできるからと言ってあまりにスレンダーすぎる体型とかは作らず、既存の、カワイイと思われる範囲の中での運用を目指したほうがいい印象です。

肉感の強さ

この肉感の強さの項目は、バニラからの共通事項であるんですが、設定しなくてもいいと思います。これも顔下部の横幅のような項目と自体は同様で、要は、全体に関するバフですからね。だとすれば、上半身や下半身の各項目を厳密に設定した方が、結果的にキャラ個々の特性は描写しやすいと思います。

肌の色

微妙に重要なのが、この肌の色の項目ですね。いや、スライダーは関係ないですが、デフォルトだと若干黄色みが強すぎるかもしれない。

この辺は完全に好みの問題ですが、あまり肌全体に日焼け跡などを付けすぎない場合、この肌の色味はもう少し、ほんの少しだけ赤色方向に調整したほうがいいと思います。その方が、陶器のような微妙な艶を出せる。

ただ、色味自体を赤色方向に変じさせただけだと、色味が強く出すぎるので、その分の鮮やかさを差し引かなければならない。この辺本当に微妙な調整ですよね。ですが、キャラクタの肌の色、だけに、非常に重要であることは間違いがないでしょう。

←マニュアルの全体図へ戻る

コメント