RISEN 3 各島の風景を楽しみながら、日本語化とシリーズ攻略を振り返る

CRPG関連

Drakensang、を再プレイしていても思ったんですが、
やっぱりドイツ産のゲームのグラフィックは素晴らしいですね。
RISEN3はゲームとしてはパッ、としない
評価を受けているとは思うんですが、
ここでは逆にそのRISEN3の風景にスポットを当てながら、
翻ってRISENシリーズ全体の評価をしてみたいと思います。

別記事でも書いたんですが、
このゲームの海面の波の表現は、
PCgameのグラフィックのうちでも一、ニを争うほど優れていると思います。


すいません、静止画では伝わらないっすね……。

また、フォトリアル感とテクスチャの手書き感の融合としても、
各オブジェクトの表面は完璧な出来と言えるのではないでしょうか。


他の、
現代を舞台にしたゲームでもっと「リアル」なものはあるだろうし、
一方でもっとドリーミーでファンタジックな色使いもあるとは思うんですが、
ここまでヨーロッパの中性的な世界観を再現しながら、
かつ現代的なカメラアイ・テイストの映像効果とを
情景の「枯れたバランスで」重ね合わせられているゲームは、
2018年現在から見ても見当たらないでしょう。


Drakensangと同様に、
常に朝焼け、常に夕景、のGodray,もしくはSunspriteは、
やはりヨーロッパ系のゲームに特有のものなんですかね?
勿論、OblivionやSkyrim,The Witcher 3 などでも
MODなどを使えば同様の効果は模倣できますが、
そうしたMOD類をほとんど許容していないRISENシリーズは、
Lightning MODやリテクスチャ、リシェイドの持つ効果を、
予め実装しているとすら言えるほどです。


で、ここからはこの記事が何故RISEN3の風景から始まるか、
とも繋がるんですが、
私自身はやはりこの風景群をHUDとPCのおっさん抜きで
スクリーンショットにしたいと思ったんですね、当然ながら。
その動機の中で、
RISEN3のコンソールコマンドなんかもググってみました。
ただこのゲーム、
ゲーム内デバッグモードがデフォルトでは禁止されているっぽいですね。


さらに調べて、デバッグモードを可能にするファイル的なものを
個人的に配って下さってるドイツのフォーラムにも行ってみたんですが、
(NEXUS経由でね)、
そこに居る何故かどーも君のアバターを使っている方のファイルは、
古い、STEAM上でRISEN3がアップデートされる前の仕様で使えなくて、
で、フォーラムをさらに辿ると、
勿論その方もSTEAMの64bit版対応のアクティベーターを
新たに作って下さっていたわけなんですが、
何かアクティベーター、っていうEXEファイル怖ーな、と思って
某サイトで調査かけてみたら、60個以上はセーフなんだけれども、
わずか2つの調査結果はアウトでしたね。

いや、お前、65分の2くらい気にするなよ、って言われそうなんですが、
まあ自分で辿って発見したものだけに、逆に怖くなってくる。
で、一回気にしだすと疑心暗鬼になってくる、
極端なビビリが俺です(汗)。
いや、そこはただ自分もよくよく調べまして、
上のドイツの方の作ってくださったファイルはおそらく何の問題もないんです。
(それにしても、もし導入する方は自己責任で)

で、その点については、
どうやらCheat Engine、というツールでexeの操作を改変すると、
やっぱり正規のアプリの改造しているわけですから、
そう云ったある種の「誤検出」は起こるらしい、というわけなのです。
つーか、その後にもいろいろ調べると、
正規に配っているCheat Engine自体が
そもそも「誤検出」の対象ですからね、
まあ何にしても、
上でRISEN3用のアクティベーターを開発して下さった方のツールは
普通に有用なものなんだろうし、
かと言って100パーセント安全と誰かが断言できるものでもない。

おいおい、俺、普通にHUD消して
スクリーンショット取りたいだけなんじゃねえのかよ、
って二時間くらい色々とサイトをたらい回しに成りながら
考えました。
(どんだけ気が小さいんだ、って話ね)
私は、普通に、はげたPCのおっさん消して風景を取りたかっただけなんですが……。

で、この感覚、
ふと気付いたんですけど、
よくよく考えたらRISEN1の日本語化のときと同じなんですよね(笑)。
いやお前、あんまりネガるなよ、と言われそうなんですが、
やっぱりRISENシリーズを振り返る意味で再度
RISEN1の日本語化ファイルを導入しようとすると、
そういやこっちにも誤爆があったな、と。
やわらかく「誤爆」と書いたんですが、
こっちの場合は65分の20以上は判定されますからね。
いや、そうは言いましても、
一方で自分はそんなこと全く気にせず2周か3周はクリアして、
その間パソコン側に、個人的には全く何の問題もなかったわけでもあるんですが。
(勿論、こちらに関しても自己責任で)。

さらに、自分なりに、
この、共通の結果について考えますと、
上のアクティベーションツールに関しても書きましたように、
確かこのRISEN1のDLLは、日本語化された文字の
ゲーム内の表示上限を突破する、ためのものであり、
そのexeの挙動をコントロールする仕方が、
exe本体を「乗っ取っている」と誤認されるらしいですが、
その仕組を、上記RISEN3のデバッグツールの件で
一通り理解していたとしても、
それにしてもやはり100パーセントそれ以外の機能が
実装されていない、と誰も保証することは出来ないわけです。

うるせえな、お前何が言いたいんだよ、という話なんですが、
まあ、単純にもったいないな、という話です。

コンソールコマンドにしても、日本語化にしても、
他のゲームなら普通にできる(勿論日本語化に関しては有志の尽力で)所を、
何で一拍、「自己責任で」と言明されなければならないのか。
(勿論、日本語化して下さった方には心から感謝しております)
いや、本当繰り返しになりますが、
自分自身は以前になんか普通に他の人もやっていることだし、
と思い導入して、
実際に体感上は何の問題もなかったんですが、
なんか急に潔癖を発揮した今の俺のように、
そこで逡巡してしまう可能性のある方もおられるわけで。

RISEN1自体は右のRPGのランキングでも上位に配したほど、
初めてプレイした洋ゲーPC RPGでもあり、
思い入れのある作品ということで、
何の障壁もなく120%絶対日本語化でプレイしてね! って
言えない所が若干悔しくもあるわけです。

というか上記の書き方は日本語化された方、及び
既にプレイをし終えた方にに失礼ですよね、すいません。
ただ、これからやる方もおられる中で、
やはり一段階、前置きはして置かなければならないと思いまして
こういう書き方になってしまいました。

翻って、
よくよく考えてみるともうこのRISEN自体が
10年近く前の作品なんですよね。
だから、
右の自分のランキング自体が多分に思い出補正によるもの、も
大きいと思う(笑)。
ちなみに、
めちゃくちゃ回りくどい書き方になったんですが、
私自身の90点の評価は、RISEN1に対してのものです。
ですんで、是非プレイしてみてほしい。

おいおい、
実際お前はどうしたいんだよ、と言われるかもしれませんですが、
日本語化を適用した上で表示される、
各NPCの文章が枯れててめちゃくちゃ格好いいんですよね。
本当に、順番が前後するようではありますが、
改てここで翻訳して下さった有志の方に
心より感謝を申し上げたいと思います。

で、さらに上の話しに戻りますと、
やっぱり十年前くらいは「自己責任」の範疇が
今より大きかったように感じますね。
日本語化っていうのも、
今や海外のものでも大作ゲームはほとんど初めから実装されていますが、
OblivionにしてもDragonAgeOriginsも当初は無かったわけだし、
RISENに関しても「日本語化、ってそんな事が可能なのか」
と、私自身初めて触れるPC RPGでもあり、
当時は思っていた記憶があります。
日本語化自体も、
それぞれのタイトルごとにFalloutを例に取るまでもなく
手順がかなり複雑でしたし。

と、回想ばかりしていてもしょうがないので
ここからはそのRISENそのものの魅力、
という、ようやく本題に参りましょう。
上でRISEN3は風景が超美しい、と書いているんですが、
それはですね、敢えて書いてるんで、
やっぱりゲームとしては三作の中で最も劣りますね。
2は2で、
2なりに1にはなかった要素を付け足しているとは思います。


はぐらかすようですが、上の画像は2のじゃなくて3の
ステータス画面です。
そう、ほとんど同じなのです(笑)。
且つ、2で探訪できた各島々のロケーションもそのまま
残されている部分もありますから、
そう云った意味で2と3の関係というのは、
全く別のシステムを搭載した続編っていうより、
ちょうど前記事で書いたDrakensangとDrakensangTRoTのような、
システムを流用した、ナンバリングの伏せられた
巨大DLC、みたいな関係ですね。

まあそれにしても、
システムが殆ど変わらないからこそ、
逆にグラフィックの作り込みが凄くなった、とも言えるわけで、
この辺は本当にDrakensangとDrakensangTRoTの関係に
似ているかもしれません。
もしかしたら、今後もそうした、
システムとして代り映えしないほど、
返ってグラフィックの作り込みは増す、法則に当てはまる作品が出てくるかも!? なんて類推させるほど、
ドイツ産の2つのタイトル、
RISENとDrakensangには辿った経過上の共通点がある気がする。

で、どんどん話が横滑りしてしまうので、
本題のRISEN1の魅力、についてのことにもう一度戻りたいと思います。
まず、
この作品はテクストが素晴らしいのでぜひ日本語化してやって下さい!
……って、しつこいですか。
いや、今思いつきましたけど、上記のことがどうしても気になる方は
サブ機、とかでやってみるのもありかもしれません。
グラボが余りロード速度に影響しないゲームのことでもあり、
何年か前のノートとかでも全然動くと思いますから。

何にしてもそこは自己責任で、というわけで、
そこから無理やりつなげて言うと、
このRISEN1のゲームを始める前の自己責任感、
かつて海外PC RPGの情報を収集する際に感じ取れていた自己責任感、こそが実際のゲームプレイ中にも充満し続けている、
っつうのが、このRISEN1というゲームだ、とこうなります。

冒頭から真っ暗闇で土砂降りの雷雨。
いや、キングスフィールド2か! っていうね(笑)。
この、海岸に一人で何の脈絡もなく立たせられてる感覚っていうのは、
本当に過去のフロムゲーをすら思わせますね。
ドッジ命、の戦闘システムからなぞらえて、
超シンプルなデモンズソウル、という評価を一部で受けていた本作ですが、
コマ送りのようなプレイヤーキャラクタの歩き、
NPCのカクカクした顔グラフィックなどは、
むしろ上記キングスフィールドの方が妥当な表現とすら思える。
あの、
このゲーム、本当に最後まであるんですか? っていう
素朴な疑問を作中の絶妙なバランスで補っていく、
RISENとはそんなゲームでもあるでしょう。

で、唐突にこのゲームを分類しますと、
私個人はこのゲームを一人称、とルート分岐の中間として提示させて頂いたわけですが、
(アラインメントとしてはカオティックニュートラルが色濃い)
じゃあそのカオティックさを支えている原因は何かと言うと、
これはELEXの項でも書きましたが、
野生動物が強い、という点ですね。

サイドステップする狼の恐怖、っていうのはどこかの名無し様が
仰った表現ですが、
はじめの雷雨の画像に戻りますと、
まあサラは別として、
いきなり土砂降りで真っ暗ですからね。
その中を初めの空き家まで進んでいく山道はマジで恐怖でしかない。
所々にあるかがり火を頼りに歩く、
途中に出会うスカベンジャーはトラウマレベルでしょう。

( ↓ 直下には、各勢力に関するごく軽微なネタバレが含まれます)

で、話をさらに勧めていくと、
物語自体はプレイヤーキャラクタ個人の
「カオティック」な感覚と、
所々で待ち構える野生動物との戦いを基調として、
異端審問官
(ローフルイービル)、
修道院
(ローフルニュートラル)、
沼地に住むドンの集団
(カオティックニュートラル)、
ハーバータウンの人々
(ニュートラルイービル)、
海賊の娘のパティ
(カオティックグッド)、
などの、諸勢力の間を行き来することで構成されていきます
(それぞれに与えたアラインメントの区分はあくまで著者の主観によるものです)。

唐突にBaldur’s Gate風のアラインメント区分をしたわけですが、
私個人の考える
クエスト構造とアラインメントの対応関係に即して言うと、
やはりRISENの特徴というのは、
ルート分岐的な構造、
自分自身の選択によって諸勢力の動向に変化が生じることでしょう。

上ではBaldur’s Gateを引き合いに出しましたが、
2でアムンの都市に張り巡らされていた諸勢力の動向と同様に、
このRISEN、ではハーバータウンを中心に
どの勢力に加担するか、という分岐が起こることになる。
ELEXではドームシティ、
Pillar’s of Eternityではデファイアンス・ベイ、
Fallout NVでは当のニューベガス、
など、
都市部に入った途端に幾つもの勢力の思惑に飲み込まれていく、
というのは最早TRPGの定型に近いですが、
何か、大元の元ネタがあるんですかね?
ちょっとそこは分からないんですが、
ともかく、
RISENの場合はハーバータウンでの駆け引きが
やはりRPGとしての一つの醍醐味、になっているでしょう。


↑ 風景の枯れた美しさという意味では1の時に既に完成されている

ただ、
RISENの場合に一つ異なっているのは、
その区画化された領域内でのやり取りですらも、
ジャングルで囲まれた周りの環境と同様の、
「カオティックさ」に満ちあふれていることです。
環境音デカめ、雨強め、の冒頭から続く緊迫感が、
都市部の中にまで反映されている。

この点は、
クエストの解放の多彩さ、という
CRPGが持ち合わせるべき条件のうちに端的に表れています。
たとえば、
港沿いの尖塔に捕われている囚人と話せ、
というクエストがあったと思うんですが、
そこでは、
そこまでにプレイヤーキャラクタの持っていたスキルの種類に合わせ、
見張りから鍵を盗む、
見張りを何とか説得する、
見張りを殺す、
見張りの目を盗んで塔の傍に忍び寄り、解錠スキルで鍵を開ける、
などのヴァリエーションのうち、
自分の好みに合わせてどれを選び取ることも可能なわけです。

この選択肢の幅、というのが、
やはり自由度を感じさせるためのポイントで、
まあ実際にはどれを選んでも結局は幾つかの結果につながる他無いんですが、
その過程をプレイヤーは、
自分で選び取った、と感じることができる。

で、繰り返しになりますが、
その自由度の本当の大元は、
ほとんど舗装されていない道ばかりの、
このカリブ海だか地中海の果てだかの、
絶海の孤島、という舞台設定そのものにある、と思います。

これは本当に、ELEXなどとも繋がるんですが、
レベルドリストに応じ、どこへ行ってもいいが、
どこへ行っても殺されうる(主に動物か化物に)。
そこで人が死のうと、
離れ小島のことであれば、誰も気にする余地がない。

この「孤島」感覚、サバイバル感覚は、
それこそファークライやFallout、
最近で言えばPUBGなどにも繋がってくると思うんですが、
そこで感じられる死と隣り合わせの自由度が、
ハーバータウンという街中にも行き渡っている、のを、
プレイヤーは
各クエストの解放の多彩さとともに感じることになるでしょう。
ですので、
あの、土砂降りの雷雨の海岸に打ち捨てられていた冒頭の時点で、
既にこのゲームの本質は提示されていた、とも言えると思います。

敵が延々と追ってくる、というこのゲームの性質を利用して、
敵同士を鉢合わせさせたり、
良質な装備を持っているNPCを敢えて襲わせる、
という「戦略」も、
私はOblivionに先立ってこのゲームで会得しました(笑)。
オウガを誘導しすぎて、ドンの集団は壊滅し掛けたりもしたんですが、
何にしても、
このゲームの自由度は相当なものです。

後のELEXではジェットパック、として結実する
移動の方法も、
既にRISENでは一時的ではありますが「空中浮遊」という
魔法として実装されています。
また、
オウム貝になる、テレキネシス、など、
ダンジョン内での謎解きに必須な魔法や巻物の数々も、
普通に村人を出し抜いたりするときにも使用可能なわけで、
TESシリーズとはまた別のサンドボックス感、もこのゲームにはあると思います。

と、以上見てきましたように、
このRISENというゲームの最大の特徴は、
やはりELEXと同様に「カオティック」だということですね。
且つ、
このRISENの場合は、孤島というシチュエーションに応じ、
島全体が独特の狂気に蔽われている。
シリーズを通したヒロインキャラであるパティの言葉を借りれば、
「この島に住んでいる人間は、もしかしたら
あなたとわたし以外みんな狂っているんじゃないかしら?」と云った具合です。

マッシュルームの側か、
人間の側か、
そのどちらに付くかを迫ってくる工夫の二匹の山羊のパラドックスなど、
おそらく印象的なキャラクタを抜き出そうとすれば枚挙に暇がないんですが、
残念なことに、この狂気はナンバリングを重ねるごとに徐々に失われていきますね。


↑ グラフィックはやはり素晴らしい進化を遂げているんですが……

尤も、前述しましたように
2に関しては、
まだまだシステム上の挑戦、斬新さを伴っていて、
3と殆ど変わらないUIの既に実装されたステータス画面において、
魔法の代わりの「呪文」としてのブードゥー、
武骨な剣戦闘の変わりとしてのフェンシング、
盾持ちの消極性を廃したが故の銃や投げナイフなどの隠し武器各種、
中世的で大陸的な世界観に抗う、
大航海時代の絶海の孤島、における海賊RPG、という、
何故そこまで世間に抗い続けなければならないのか、
と、ユーザー側が気遣わなければならないほどの反骨精神に満ち溢れています。

勿論、一枚絵のマップから、
小分けされた島単位の攻略に移ったこともあり、
さらに2から3への移行は巨大DLC程度のものに過ぎないんですが、
逆にそれが一番始めに書いたように、
システムが進化しない故のグラフィックの激的な向上、
といういびつな発展を遂げてもいる。


↑ 船が消えてしまうバグに遭遇。この辺のシュールさは引き継がれたままか。

そう云った意味で、
この3作に渡るRISENシリーズというのは、
偏屈ではあるが王道のTES、
優雅である一方、一作目の毒々しさを失ったDragon Ageに対しての、
敢えて選び取られた、
メインストリームに対するオルタナティブとしての
RPGの可能性を提示し続けてきた、とも言えるはずです。

で、その反骨精神、B級感覚は再びELEXにおいて
取り戻されることになる。のですが、
流石にあのRISEN1にあったゼルダ感、
謎解きとアクションRPGの両立、というテーマは
捨て去られたままでしたね。
ELEXにおいては暗号解読の仕組みも
単なる算数になってしまっていましたし。
↓下図参照

まあ、それでも作品全体としてはRISENに劣らぬ意欲を
保ち続けている、
Piranha Biteを十分に感じ取れる出来ですが、
やはり、狂気度においてはRISEN1に劣りますよね。
で、その狂気度の源は、
ホント、繰り返しになりますが、
絶海の孤島での異端審問会、というテーマを
数多のRPGに先立ってあぶり出した、点に尽きると思います。
(蝿の王・感覚、というかね……)

Ende、の方がデフォルトの、
死にゲー、マゾゲーとしてのドイツ産Dark souls の兄弟、
本当にここまで来ると、
Drakensangの風景群の美しさやSacred2の特異なビジュアル感覚も含め、
ドイツ人自体の感性、ユーモアの感覚まで肯定したくなる、
(まあ流石にドイツ人全体がRISENのNPC的ではないでしょうが……)
一人の日本人をここまでリクライニングチェアー上で仰け反らせてくれる、
そんなゲームがRISEN1であることを
ここに表明しておきたいと思います。

というわけで、最後に、
そんなRISEN1にこれから挑戦したいと望む冒険者の方へ、
(かなり無理矢理ではありますが)、
ハーバータウンの見張りが呟く台詞を引用して、
この項の結びにさせて頂きます。

「Good luck, you’ll need it.」
即ち、
「幸運を祈る、お前に必要だろ?」

コメント