口形状下

キャラクリ関連

下唇の「横への広がり」の範囲を表します。

こちらの設定項目の読み替えも、口形状上と事情は全く同じです。口の縦幅自体は「口縦幅」の数値設定で補えば良いため、この「口形状下」で表現すべきなのは、むしろ唇の横幅に対する横への範囲指定です。

一方で、「口形状上」の設定項目と違う点は、数値設定の既定値です。ここは極端な話、0でもいい。0でも、十分な範囲の口形状上の数値設定60と同じくらいの範囲をカバーできます。

逆に、敢えてここの数値設定を付け足そうとする場合は、表情に少しいじけたような変化を加えようとする場合くらいか。いずれにしても、リップの種類の選定によって印象自体が決定的に異なってしまうことも、口形状上の項目で述べたことと全く同様です。

コメント