まぶた形状2

キャラクリ関連

このまぶた形状2は、上まぶたの頂点の位置を決定します。

100に近いほど、上まぶたの頂点は目頭寄りになり、0に近いほど、上まぶたの頂点は目尻寄りになります。

この値が直接関わるのは、目の角度Y軸、そして、目頭の左右位置、及び、目尻の左右位置です。

目の角度Y軸に関しては、上まぶた側の頂点の位置がずれた場合、寄り目感、離れ目感覚まで微妙に変更されることはイメージしやすいかと思われます。

他方で、上まぶたの頂点が左右にずれることで、目頭の左右位置、目尻の左右位置の広さの印象まで変じられるのも、当然のことです。

問題は、では実際にどれくらいの割合で、このまぶた形状2と、目の角度Y軸、目頭の左右位置を組み合わせればいいのか、という所なんですが、結論を言うと、どちらかというと目頭部分からよりも目尻部分からの(上まぶたの頂点までの)距離を観測して、設定した方がやりやすいと思います。

他項目に関する記事の中でも述べているように、特に目頭部分はかなり形状を決定づける要素が入り組んでいて、分かりにくいんですよね。それだけこだわって構成できる要素でもありますが、こちらの、まぶた形状2についてシンプルに考えるなら、目尻からの距離感、だけを推し量っておく方が無難です。

コメント