丸顔の作り方

キャラクリ関連

丸顔の作り方には、大きく2つのポイントがあります。その前提として、頬カテゴリーの各項目の関係性の理解は必須です。

頬の輪郭線を決めるシンプルな方程式
頬カテゴリーのまとめとして、初めにキャラの輪郭線を決めるときの目安となる考え方を提示したいと思います。

その上で、まず第一に、頬上部前後と頬上部幅の合算、頬上部幅と頬下部前後の合算、頬下部前後と頬下部幅の合算、これらの3つの値が、ほぼ均等になるように各項目の数値を配分する。

そして、もう一つのポイントとしては、頬上部上下の取る値と、頬下部上下の取る値を離す。そのためには、2つの項目をたとえば25以上に設定する。

何故このような処置が必要なのかと言うと、それは、顔全体の輪郭線の「急速さ」を緩めるためです。頬上部上下と、頬下部上下が近づきすぎていると、頬骨部分の高さが強調されすぎてしまいますからね。ここを和らげるために、それぞれの値の示す領域の距離感を保ってやる必要がある。

こうすることで、何となく全体に丸っぽい印象を植え付けることには成功していると思われるのですが、最後にもう一つ、顎横幅、の方も一定の数値内設定する必要があります。

具体的には、頬下部前後と頬下部幅を足した値の半分くらいか。スライダー上で40~60くらいの所に留めておけば、顔下部の輪郭も自然な状態に落ち着くでしょう。

コメント