フランス人形鼻の作り方

キャラクリ関連

ここではかなり特殊な、鷲鼻の亜種のような鼻の作り方を解説します。

前提として、別記事でも述べたことを整理すると、鼻筋形状は鼻の眉間に近い部分の凹み具合を表し、鼻全体角度X軸は、鼻先に近い鼻筋ラインの傾斜を表し、それらを混ぜ合わせることでキャラの特性を描写する、というのがデフォルトの考え方です。

鼻筋ラインの最適化
ここでは、鼻全体角度X軸と鼻筋形状の表現領域を、どの範囲で交わらせれば良いかについて解説します。

そうした場合、いわゆる鷲鼻を作りたい場合には、鼻筋形状を抑えて鼻全体角度X軸を高めに設定すればよいのですが、問題は、鼻先のサイズも抑えめな形状である、いわゆる鉤鼻に近い印象も併せ持とうとするときです。

上記のようなかなり特殊な形状を作ろうとするとき(画像参照)、活用すべきテクニックは2つ合って、一つは、鼻全体前後を抑えめに設定する、ということです。

こうすることで、鷲鼻な設定にしたときに陥りがちな、ちょっと鼻周りの腫れぼったい印象を回避して、少し幼い印象を顔立ちに与えることができる。

もう一つは、鼻先サイズや、鼻全体角度X軸と言った、鼻先の前後感を全て、敢えて抑えめに設定して、そこで足りない分を、鼻筋横幅を数値として加えることで補填してやる、という方法です。

これらの方法はかなりややこしいですが、特に後者の、鼻先サイズと鼻筋横幅をトレードオフとして捉える、手法は、別記事で解説した「鼻中隔」を広げたくない場合などにも有効なので、見た目上のバランスを保つ方法として、一つ意識しておくといいと思います。

コメント