パン・ルナリーフィさんのゴス淑女ヘアメイクを目指す:過去のTwitterやWIKIを参照に

キャラクリ関連

高めツインテまでは導入できたものの、その他はほぼ失敗しました。カラコンと黒髪感をもう少し強調すべきだったか。

第二期BiS終了後、幸いにして新プロジェクトへの参加も決まったようなパン・ルナリーフィさん。ついでに、どうせなら過去のツイッター画像なども復元してほしい所ですが(汗)、まあ以前からのパン・ルナリーフィファンの皆さんからしてみれば、彼女が全アイドル中でも突出したひょうきんさと美貌を併せ持っていることはわかりきったことですよね。

あの、あえて鼻先に指当てて白目がちな変顔する感じとか、メイド服みたいなの着た時の究極の可愛さとか、勿論模倣できるはずもないんですが、それらの画像とか、一回ツイッター閉鎖されてるから探しようもない。

検索かけようにも、パン・ルナリーフィの後に表示される追加キーワード候補にも、アユニ不仲、とか、カレー、とか、本名、高校、flash などの候補が表示されるばかりで、もはや遅れて彼女の存在を知ったファンからすると、過去の勇姿を参照するにはBiS時代の動画でも参照するしかない所なんでしょう。

さて、そんな参照不能、模倣不可能なパン・ルナリーフィさんの魅力の一部にでも近づこうと各部位を解析していくと、まず特徴的なのは、なんか変なこと言うようなんですが、顎の短さ、ではないかと考えられます。

顎そのものが短いというよりも、鰓からの輪郭線が先鋭的ではなく、やや丸みを帯びている。

さらに言うと、メロンパン的、とは言わないまでも、頬もぷっくりと膨らんでいるから、かなり丸顔に近い印象ですよね。

しかしながら、均質でくすみのない肌質のトーンも手伝って、薄い金属のような透明感とシャープさを頬のラインが兼ね備えてもいる。

角度によっては、直前で短い、と表現した顎のラインまでも突出して見えてくるから不思議なものです。

まあ何が言いたいかって言うと、あの猫っぽい顔が究極にカワイイ、っていう分かりきった話なんですが、もう一つ、猫っぽさつながりでいうと、頬骨はかなり高い、ですね。まさに美人の条件の象徴。この点は、どの角度から観察しても一発で明らかな所でしょう。

他方で、眉目の分析に移ると、目は縦の比率より横の比率の方が若干大きめな吊り目ですね。とは言っても、切れ長なわけではなく、むしろパッチリした輪郭を備えつつ、目尻にかけてくいっ、と下がっている。

また、鼻のラインについても言及すると、鼻筋が高めで、かなり立体感のある印象です。ただ、小鼻に関しては少し上下位置が高く、全体としてはすっ、とした高鼻でありながらも、口元に連接した部分のかわいらしさが残されています。

その直下の口のバランスの方はと言うと、上唇がかなり薄めです。口全体はかなり大きめであるとは思うんですけどね。リップの色合いが強めに挿されている場合は、特にこの上唇の薄さと相まって、日本人形的になる。まあ、このゴスロリ感と日本人形感の同居、という要素こそが、全体としての印象の大枠、ということになるんでしょう。

最後に、おそらくはコンタクトの影響によって千変万化する虹彩の襞と網膜の色合いも、特に上述したゴス感、もしくは日本人形感を演出するときのキーとなることでしょう。少し明るめの、ヘーゼルな色合いも似合うし、一方でまさにゴシックとしか言いようのない真っ黒な瞳も全部似合います。

いずれにしろ、やはり結論としては、あのショートボブの猫っぽさや究極の執事風衣装の高貴さは模倣不可能、再現不可能ということですな。ではでは。

コメント