逢沢りなさん風一つ縛りセミロングを目指す:公式TwitterやWIKI、インスタを参照に

キャラクリ関連

ただきっちりと括ればいいってもんでもないようです(失敗率99%)。

現在はドラマやファッション誌をメインに活躍されている逢沢りなちゃん。数年前の「クズの本懐」で見せた娼婦ぶりなどは未だに記憶に新しい所ですが、まあ元々がWEBグラビアや雑誌グラビア、写真集などでカリスマ的な人気を誇っていた超絶美少女ですからね。そちらの妖しさを知っているファンからすると、それらのドラマの中での多様な雰囲気は演出されていて当たり前、むしろ適格に本質を切り取っている、とすら思える所でしょう。

逆に、直近の作品などから彼女のことを知ったファンからすると、過去のイメージビデオや写真集の中で、手に入りにくいものも存在するのは、若干残念な所ではあります。

aBUTTON Vol.6 などは普通に販売されているものの一つですが、場合によっては中古で在庫されるのを待つ他ないタイトルも存在するでしょう(勿論、既に所持されている方はラッキー)。正直、今現在の完成された美を持つ逢沢りなさんに勝るものなし、と認めつつも、過去の、美少女ぶりとややあどけない雰囲気も究極ですからね、それらがどう変遷していくかを確かめてみるのもまた一興というものではないでしょうか?

さて、そんなどの時期を切り取ってもまた違う魅力にあふれている逢沢りなちゃんの、過去画像の雰囲気の一部を模倣しても失敗に終わることは承知しつつ、それでもそれらの過程で得られた造形細部の印象効果に関する知見を幾つか述べていくと、

まず、顎の輪郭周りなのですが、顎全体の上下感覚がかなりある方、だと言えると思います。

その点は間接的に2つの要因によっても補完されていて、その1つ目は、後述する頬骨位置の基本的な高さ、です。

頬のラインは、この頬の幅の上部か、下部のいずれかに比重があるかによって、多くの場合顔の輪郭を決定づけるのですが、特に頬骨の起点が高い位置にあると、面長、引いては、顎先の先端までの距離感が演出されやすいと思います。

顎の上下感を補完する2つ目の要素は、顎先の横幅、ですね。ここがかなり強く出ている。

一方で、顎先自体は、前後感もあり、かわいらしいくいっ、とした赤ちゃんのような形状なのですが、横幅も広いことによって、起点としてのエラ部分からの分離される加減が希薄となり、翻っては顎全体、のライン形成がより強調されることになる。この辺りが、顔下部の領域における最大の個性だと思われます。

次に、頬の方は、上述したように、起点が高めで、全体としての幅も抑えめであると言えます。

つまり、全体としては細面になる、はずなのですが、他方で頬下部のぷっくりさ加減も強い。このアンバランスさ加減が、不思議な均衡のもとに保たれていると言えます。

印象効果としては、やはり子供っぽい要素、と大人びた雰囲気、儚げな表情の混在、といったところでしょうか。

さらに、眉目の方にも目を移すと、目の大きさ、これはどの角度から見ても明らかなところだと思います。

形状としては、上まぶたがやや内寄りで、その分、目尻にかけて垂れ目感が出る。目全体も吊り目ではないので、やはり全体としてやさしい印象です。

そしてもう一つ、ほんの少し下まぶた側の開きのほうが強いか。この辺りはアンニュイな雰囲気、独特の気怠い表情の構成に一役買っていますよね。

他方で、鼻の形状はと云うと、若干鼻筋に凹凸のある、鷲鼻的な鼻です。

意外にも、鼻筋上部はそれほど高くないのですが、その分鼻頭の大きさは際立ちますね。

しかしながら、小鼻の前後感が強く、エキゾチックで南洋的でありながらも、特に横顔になったときのシャープさは保たれている。この辺りは絶妙なバランスと言える所です。

最後に、口についても付言すると、上唇と下唇の厚さ、そしてその厚みの均等さが、ともに際立っていると言えます。

特に上唇の両端のめくれ上がり方、のやや幅の足りていない感じ、M字型のラインは、アヒル口的とも捉えられ、ファニーな印象にも繋がっていきます。この辺りは、動物好き以上に動物っぽさが出る、と言ったところでしょう。

以上、(最後は若干端折りましたが)見てきましたように、全体としては、各パーツの印象の強さ、目鼻立ちのバランスが、複雑な個性のもとに絡み合っていると言えます。

細面さと頬の厚み、目や鼻の混血的なイメージと透明感の共存、など解釈は様々でしょうが、やっぱり一線級のアイドル、タレント、女優さんともなると、この辺の両義性のバランス感覚こそが究極の差配なんでしょうね。

それらの再現不可能性、究極の質を肌で感じるためには、今回も十分すぎるほどの教材でありました。もし、ご本人自体のイメージに興味のある方は、しつこいようですが、冒頭にも述べたとおり、彼女の印象の「変遷」にこそ注目して、数え切れないほどのヴィジュアルイメージを参照し直してみてもよいのではないでしょうか。

コメント