皆川玲奈さんのシンプルなチーク感を目指す:WIKI、TBS公式インスタを参照に

キャラクリ関連

ゆるふわボブにするべきなのか、ポニーテール風一つ縛りにするべきなのか。

結果、結局一つ縛りに落ち着きましたが、だからと言ってあの「はやドキ」出演時の皆川玲奈さんの毅然とした感じ、車好きというある意味で男性的な嗜好を持ちつつ、やわらかさも清廉さも併せ持つ、まさに淑女としか言いようのない雰囲気が出せるはずなどない(100%不可能)。

幸い、朝番組の司会としてご活躍されている事情から、平日であれば毎朝彼女のお姿を拝めるのはファンにとっては至上の喜びと言えますが(TBSアナグラムにもごくたまに顔を出す)、一方で、NEWS23のサブキャスターとして活躍されていた頃の姿もまた素敵だったんですよね。なんというか、少し朝と夜でイメージが異なる、というか、出演時間によって印象を変えられる所も、流石としか言いようのない所です。

何にしても、そんなヘアメイクの違いなどを分析してみても全く魅力の本質に近づき得ないどころか、皆川玲奈さんの美の再現不能性ばかりが際立つところと承知しつつ、それでも過去の画像などを参照して得られた知見を幾つか述べていくと、

まず顎周りに関しては、ベース型と丸型の中間の顔立ちで、極めて理想的です。柔和さと鋭さの双方の印象が、この角度によってまず与えられる、と言えるでしょう。

もう少し具体的に言うと、顎そのものの横幅はしっかりと確保されつつ、先鋭的なラインになりすぎないのは、顎先にやや丸みがあるからです。ここの丸みが、きっちりとした角度を顎の下部が持ちつつも、場合によっては丸顔にも見えるラインを保っている。

続いて頬の方はと言うと、頬骨はかなり高い方だと思われます。頬全体の幅というよりは、前後に奥行きがあり、この点が、細面でありながらも顔に立体感を出すきっかけとなっている。

特に、横顔になったときに顕著なのですが、正面から見たときのすっとしたラインより、かなり丸み、陰影が強く出るんですよね。この、横顔になったときの顔と正面から見たときの顔の印象の違いは、かなり際立った特徴ですよね。

その個性が、頬のラインよりもさらに顕著に出るのは、鼻筋ですね。鼻筋上部の始点が低いため、正面から見ると、短い鼻の印象になるのですが、横顔になったときの鼻筋のラインの美しさは傑出しています。

鼻筋の横幅はやや広め、と言えますが、だからこそ横顔になったときの鋭さが際立つ。鼻先の角度は若干上目ですが、この角度の印象も、横顔になったときとは全く違う。本当に、ここまで横顔の高貴さが際立つ顔も珍しいですよね。

続けて眉目に関しても述べると、まず目の横幅はかなり狭い、と言えます。

極端な吊り目ではないのですが、上まぶたの目尻がかなり上がっていて、きれいな長方形に近い目ですね。決して切れ長ではない。

ただ、両目がゆるく見開かれたときなどは目頭がかなり狭めに見えるときなどもあって、この辺りのまなざしをどう見せるかによって、様々な雰囲気を醸成できる。

最後に口についても述べると、鼻と顎との相対距離も、上唇とした唇のバランスも、どれをとっても平均的で、理想的な造りと言えます。

あえて言えば、ほんの少し縦幅よりも横幅のほうが広いか。それにしても、ここまで均等に上唇と下唇の幅と厚みが配分されているのも珍しいのではないでしょうか。

蛇足ですが付け足すと、後は虹彩の淡さ加減、ここに配慮する必要もあるでしょう。茶色というよりはグレーに近い、引き込まれるような深さがある。

まあ、何にしても、やはり最終的な結論としては、それらの細部に幾らこだわったつもりでいても、結局は一方的な誤解に過ぎず、日本でも有数の美人中の美人の再現などできるはずもない、ということですね。

改めて、そうしたリアルの中に存する奇跡、を実感するところであります。ではまた。

コメント