角田奈緒子さんの黒髪ロングを目指す:公式TwitterやWIKI、インスタなどを参照に

キャラクリ関連

基本、メガネを掛けている方ではないのでしょう。

というか、前髪もメイクも含め、全く具体的に想定できず。どこが間違っているかすらさっぱり分からない、というのが現状です(失敗率99%)。

それもそのはずで、今や日本を代表するお天気お姉さんと言ってもいいかも知れないほどの美貌の持ち主ですからね、ウェザーニュースキャスターの角田奈緒子さん。「ウェザーニュースキャスターの角田奈緒子です」、というフレーズを、天気と関係なく一日に何度も再生してしまうウェザーニュースファンも多数おられるでしょうし、実際に天気を心配しておられる方も勿論いらっしゃるでしょう。

まあ何が言いたいかと云うと、角田奈緒子さんの魅力も含めて番組の一部なわけで、ここまで浸透した美しさとお姉さま感、一歩間違えるとどこか子供じみた雰囲気まで漂わせるオーラは、やっぱり模倣不能、他の誰にも再現不能だと、過去の日付の動画などを見返してみながら再確認した次第であります(最早ほぼ天気関係ないですが)。

さて、そんな不毛な振り返りの中、ここ以降の記述は全く蛇足だと承知しつつも、髪型やメイクも含め、造形細部の構成による印象変化に関する知見を幾つか追記しておくと、

まず、顎付近。ここの造形の個性は、顔全体に幼さと妖しさを同時に与えることになるでしょう。

他記事ともやや重複する記述にはなるのですが、顎自体のラインの連接から、顎先部分の前後感が強く出て下方に離れると、顎周りにやや子供っぽさが漂うことになるんですよね。

顎全体の上下感の短さはさらにこの印象を助長しますが、それでいて、横幅はそれほど広くなく、鰓周りから顎先にかけてのラインはかなりシャープなため、同時に大人っぽさも表出されている。この辺りの両義性が、まず個人的な特性として挙げられると思います。

次に、頬に関しても述べると、これは顎周りの輪郭とも直接関係してくるのですが、ちょっと何かを含んだような、極端にやわらかい落ちそうなほっぺたが印象的ですよね。

この特徴は、勿論、頬の位置取りの比重が、やや下部寄りにあることも影響しているのですが、気を付けなければいけないのは、頬の前後感、とでも言いましょうか。頬上部から顎先にかけてのラインには、適格なすぼみが保たれている、点です。

全体としては丸顔のイメージの強い輪郭であることに間違いはないながらも、高くて、幅のある頬骨からのラインには鋭さも同時に存在すると考えられるでしょう。

他方、眉目の側はと云うと、円曲の強い眉の描かれ方は勿論のこと、目の横幅に対する比重も相当なものです。

この部分は、縦幅が狭いというより、上まぶたの開かれ方が浅く、それでいて目頭と目尻の「閉じ加減」がはっきりとしているため、必ずしも切れ長、と言い切れる形状ではないのですが、ものすごく鋭い三日月のような、妖艶な弧が描かれているように見受けられます。

もう一つ、その点と重ね合わせて忘れてはならないのは、まさに黒目がち、と言えるような、瞳の大きさと、虹彩の単色さ加減ですよね。

目のハイライトもかなり強く、角度によっては、キラキラと水分を湛えた瞳に常に光が反射しているようにも見える。あの状態以上の黒目の美しさ、完璧さっていうのは、正直どこにもないと言い切っていいでしょう。

若干端折りながらも、続けて鼻についても述べると、目立つのは小鼻周りの幅の狭さ加減と、鼻筋の横幅の広さ、でしょうか。この2つの要素が対照的に組み合わさっている、と言えますよね。

あとは、ほんの少し鼻頭の角度が上方よりですか。かつ、小鼻の両サイドの角度は下方よりなので、鼻孔が正面を向いているように見えるのも一つの特徴です。

最後に、口について述べて全体をまとめると、上唇と下唇の厚さ、縦幅=セクシーさにおいて、比類ないほどの造形美を誇っているのは明白な所だと思います。

艶めいたリップなどでさらにこの要素が強調されると、上述した頬周りの幼さとのアンバランスさ加減も相まって、他の誰にも模倣されえない色気のようなものが漂うことになる。横幅がそれほど広くない点も、この「縦」の印象を強めている要因でしょう。

以上、見てきましたように、すべての部位に置いて、造形の再部構成による印象変化の最大値、とも呼べるような事態が起こっていることがお分かり頂けると思います。

ただ、それらのことは予めファンにとっては言わずもがな、なわけで、同時に記事内でも繰り返し述べている再現不能性を追認しているのに過ぎないわけです。

正直、天気が全く入ってこない(汗)、という状況になっているウェザーニュースファンも多々おられるわけで、筆者も全く同感な所ではありますが、やはり天気が気になる方もおられるのでしょう。……無限ループになりそうなので、今回はこの辺で失礼致します。ではでは。

コメント