金子理江さんからINNOCENCEなヘアメイクを学ぶ:公式TwitterやWIKI、インスタを参照に

キャラクリ関連

LADY BABY の圧倒的なゴス感に行き着きたいと思っていたのですが、完全に失敗しました。

というか、当方グラビアアイドルとしての初期のイメージしか持ってなかったんで、なんかいつの間にか世界的な人気者になっていることを全く知りませんでした。どちらかというと、最早グループのMVインスタグラム上の究極クォーター感のにじみ出た淡い色合いの虹彩の画像の印象の方が強いんでしょうな。

ただ、一方で記事タイトルにもした「INNOCENCE」と「emotion」、この二作品はマジで究極です。今回参照したのもその二作品のBlu-rayなのですが、なんつーか、よりふにゃけたガキっぽさがあるというか、高貴さとゴスさに対する奔放さと少女感がうまくマッチングしているんですよね。

勿論、そこで見られるツインテとか、ヘアメイクの一部を表題通り模倣しようとしてみても仕方がないことなんですが、その過程で得られた知見を幾つか述べると、

ある意味での丸顔さっていうのは、少女らしさを残存させるのに重要な要素だと思うんですよね。

しかも、ただほっぺたの位置づけが下方にあるっていうんではなく、目元周りの頬の輪郭もかなり広めになっている。その位置からの、凹みのない本当の意味の丸顔こそが、少女を通り越して幼女的な妖しさすらも漂わせるポイントになっていると思います。

そして混血感に溢れた目の印象の方はと言うと、当然ながら虹彩の色合いの明るさ、淡さ、などは、何度微調整しても(他の全ての要素と同様に)再現不可能であると言えるでしょう。

ただ、目の形状自体は、表情などにもよりますが、結構アジア的なんですよね。御存知の通り、目尻と目頭の印象っていうのは、アイメイクによってかなりその都度印象が変わりますから。特に素の目の目尻にかけての湾曲っていうのは、見方によっては切れ長にすら見える。そして、上目の中心位置は若干内側にずれているか。

眉は前髪で隠れていることも多いですが、常にかなり不機嫌そうな困り眉です(笑)。角度自体が垂れ下がり気味でもあるでしょう。

一方で、鼻の方はと言うと、こちらもまさに混血としか言いようのない形状をしている。まず鼻のライン自体は上部にも下部にも際立ったアクセントのない直線的で見事な高鼻です。

他方、鼻頭の大きさが結構大きめなんですよね。ここが、かわいらしさを表現する一つのポイントとなっています。小鼻の角度も然りで、ヨーロッパ的な細く縦に長い小鼻ではなく、若干横への引きの強い、アジア的な造形を含んでいる。この辺が、ありえないような美人に見えるときもあれば、こまっちゃくれた少女のように見えるときもある顔立ちの多彩さの遠因となっています。

最後に一つ付け足すと、唇の縦幅はかなり狭め。横幅も広いと言うほどではなく、この口の小振りさが、ほんの少しおちょぼ口な感じ、いたずらっぽさの原因となっているでしょう。

何にしても、初めの主題に立ち返ると、今の金子理江さんの姿も究極だけれども、数年前のBlu-rayなどでの姿も限りなく美しい、ということですね。もし興味のある方はそちらも検索してみてください。ではでは。

コメント