山崎怜奈さんの歴女大学生ヘアメイクを目指す:公式ブログやWIKI、クイズ番組を参照に

キャラクリ関連

数年前のかなり段のついた前下りボブを意識しすぎて、ベリーショート気味になってしまいました(失敗率98%)。

今やクイズ番組にも引っ張りだこの山崎怜奈さん。初期の頃からのゆるストレートロングヘアーも魅力的でしたが、現在ではむしろ、乃木坂46山崎怜奈 歴史のじかんなどで見られるウェーブ一つ縛りの方が、より清廉さが増して馴染み深いんですかね。

上記リンクはdTV側の本編の予告版、と言ったところですが、まあ歴女である怜奈さんの素顔をじっくり鑑賞できる動画として、ファンならば逃さずにチェックしておきたい所ですな。

一方で、SHOWROOMの一人喋りなども、(私を含め)一部のファンからは熱狂的な支持を集めているところでしょうが、であれば尚更、他のメンバーと同様に写真集も出してみてほしいですね~。いや、学業でお忙しいのか。身長の高さや知的さなども含め、素のスペックならトップクラスの山崎怜奈さんであるだけに、個人の魅力により焦点を当てた作品をいつかリリースして頂きたいと考える次第であります。

と、嘆いていても仕方がないんで、以下の記述は上記のこととは全く無関係でありますが、過去の山崎怜奈さんの画像などを遡って参照しながら得られた、造形の再部構成による印象変化に関する知見を列挙すると、

まず、顎先の幅。ここはかなり広めに出る、と思います。

顎自体の横幅もかなり強めで、そうして見ると、特に横顔になったときの前後感は強調されがちだと考える所ですが、それでもむしろ、卵型とベース顔の中間、くらいの印象になるのは、次に述べる、頬骨との直接的な関連性に素因があります。

具体的に言うと、顔上部、頬骨の前後感が、かなり強めなんですよね。そこにかなり幅があるため、仮にしっかりとした顎のラインが造形されているとしても、むしろその箇所の見え方は頬から顎先にかけてのシャープさに回収され、典型的なベース顔と丸顔の中間のような顔立ちは、角度によっては「細面」にすら見える。

顎のラインの鋭角なJ字型の横顔の形状も、この印象の醸成に拍車をかけていますよね。頬骨は高く、幅もあるが、かと言って頬はぷっくりと膨らんでいるわけではなく、皮膚は非常に薄く、儚さを含んでいるように見える。

この、顔下部の輪郭が、まずは決定的な特徴であるでしょう。

次に眉目の方はと言うと、これ以上のモノがあるかと言うほどの、典型的な猫目であると言えます。

上まぶたの焦点はやや内側にあり、かつ目は縦幅よりも横幅に比重があり、吊り目で、目元側の閉じが強く、目尻側が上方に開いている。

目の前後が頬骨に対し、ほんの少し奥側にあることもポイントの一つか。何にしても、上述した頬骨の高さの件とも考え合わせると、猫耳を装着するまでもなく、初めからほぼ猫なのです。

他方、鼻の方はと言うと、鼻筋のラインの細さと、小鼻の横幅の広さが、絶妙に組み合わさっている、と言えます。

特に、表情を崩したときなどは、小鼻周りだけを見ると、愛嬌のあるにんにく鼻のようにも見えるでしょう。ですが、横顔に角度を変えたときの鼻筋のラインがとても直線的できれいなため、全体の相好が全く崩れないんですよね。

最後に、口についても述べると、口は横幅の印象も縦幅の印象も、かなり小振りであると言えるでしょう。

ただ、これはあくまで印象の話なのであって(上唇は実際にかなり薄めですが)、口端の幅は、かなり広めであるとも捉えられる。

若干下唇を突き出したような表情も含め、この辺りはかなりリップの載せ方などによっても異なってくる部分だとも思われますので、上品で収まりの良い口、が必ずしもデフォルトではないのかも知れません。

以上、見てきましたように、造形効果の細部は、結局の所、全体の印象の置き換えにはなりえないわけであります。今回も完全にその結論に落ち着きました。

まして、近年を代表する歴女アイドル、クイズ番組常連の女子大生タレントであれば、その内側に秘められた知性を表面上構成することなど初めから不可能でしょう。その辺りと実際の活動との両立、などを翻って参照したい方は、大人しく2期生としての各種Blu-ray動画でも見ていた方が懸命と言った所です。ここまでお読み下さってありがとうございました。

コメント