寺田御子さんの現在のヘアメイクを目指す:公式TwitterやWIKI、インスタ、DVDを参照に

キャラクリ関連

アンドロイド風スチュワーデスを意識しましたが、あの気怠さには行き着けませんでした。

グラビアアイドルとしての仕事から、徐々に舞台女優としてのキャリアに軸足を移しつつある寺田御子さん。直近の彼女のイメージをチェックするには、やはりTwitterインスタグラム上の画像を検索するのが一番早いのでしょう。

ただ、数年前に出された二枚のDVDの内容の凄まじさを知っているファンからすると、正直、このままイメージビデオ業界から卒業されてしまうのは惜しい気もします。

はっきり言って、いわゆる淑女系のグラビアアイドルとしては史上最高、とも言える美貌の持ち主ですからね。改めて過去のDVDを見返しつつ、ばっさりとしたウェーブロングを模倣してみると、やはりあの気怠げな雰囲気と退廃は、髪型のみを模索してみた所で再現しようがない、と痛感する次第です。

さて、それでもヘアメイク周りを振り返る過程で得られた知見について、例に上げる意味がないと知りつつも幾つか述べると、

まず、顎のラインの輪郭は、全体としてかなり広め、であると言えるでしょう。

鰓の張り具合から顎先の丸み、顎下部の少しゆとりのある肉付きも含め、いわゆるJ字型の、顔中央部に凹みのある和風美人風の輪郭でありながら、頬周りの印象は、少し癒やし系、というか、おっとりとした雰囲気を形作っていますよね。

ふくよかな頬の肉付きも、その印象をさらに補完していると言えます。勿論、頬骨の幅はかなり広く、高く、典型的な美人顔としての特徴を有しているのですが、若干、頬のバランスは下部方面によっており、ここが他のパーツを少し和らげるような効果を醸し出しています。

他方で、眉目の方はと言うと、目尻にかけて下がり気味の困り眉を維持しつつ、ちょっと他に類を見ないような大きな目をしておられます。

ほんの少し、左右のバランスで言うと外側に上まぶたの焦点はあるにはあるのですが、まっすぐに見開いたときの上下まぶたのバランスはほぼ均等に近く、ここまできれいな円曲を描く上まぶたの持ち主は中々いないと言っていいでしょう。

あえて言えば、下まぶたの目尻付近の開き方が少し強いかも知れない。ここも、ある種の困惑を瞳の中に湛えるのにはうってつけでしょう。

そして、こちらもかなり特徴的な鼻の形状。全体の角度が下方気味に向いていることは一目瞭然ですが、鼻筋にはやや鼻頭にかけて凹凸があり、典型的な鷲鼻と言えます。全体が長いことも、このラインの印象に拍車をかけていますね。

さらに、何故ここまでしてセクシーで淑女的なパーツばかりで構成されていなければ気がすまないのかと唸らさせられざるを得ないほど、こちらも個性的な口。縦幅も、横幅も、最大限にまで大きく、上唇も下唇も極端にめくれ上がっている。

……と、最後はかなり端折り気味になりましたが、何にしても、それらの細部のディテールを詰めてみたところで、冒頭に述べた二枚のDVDに収められた(そして現在進行系で維持され、発展されつつある)寺田御子さんの魅力に一ミリも近付き得ないということは、あまりに明白であろうと思われます。

もう正直、本当にBlu-rayでこそさらにグラビアアイドルとしてのイメージビデオを出していただきたい、という思いは強いのですが、別に仕事とかしなくてもいつでも大富豪とか大企業家の妻の座に収まりそうな感じでしょうか(汗)。いや、あくまで妄想ですが。結局のところ、そうした筆者のどうしようもない想像に今回も落ち着きつつ、記事の結びとしたいと思います、ではでは。

 

コメント