相楽樹さんの同級生Blu-rayのショートボブ感を探る:キャラクリプロフィールWIKI

キャラクリ関連

前下がりのラインはかなり強めでありつつ、全体の毛流れは後方に向かっているのが一つの特徴です。

妊娠、出産を機に、どうやら芸能活動そのものから引退してしまったように見える相楽樹さん。素朴さと清廉さを併せ持つドラマなどでの姿を見ていたいファンにとっては、非常に残念な経緯ではありましたよね。

まあ、そんなことを嘆いていても仕方がないので、少し時間を巻き戻すと、正直、グラビアアイドルファンとしての筆者にとっては、女優としてご活躍される以前の初期のBlu-ray、DVDこそがむしろ究極である、と言いたい。

つーか、相楽樹ファン、イメージビデオファンにとっては言わずもがな、ですがね。他記事の競泳水着ランキングでも書いておりますが、Blu-ray で見るべき作品ナンバーワン、でしょう。画質そのもの、といより、風景の中に美少女の存在する透明感、を見たい方はぜひ一作目から五作目まで全て揃えておきたいところですな。

と、少し話がそれ書けてしまった所で、改めて述べると、そうした相楽樹さん個人の特性については、ショートボブ感を出してみた所で全く再現のしようがない。

それでも、過去のBlu-ray や写真集を参照する中で得られた幾つかの造形効果に関する知見を整理すると、

まず顎のラインのゆるさ、丸み。この特徴は、顔立ちの中に幼さを残す影響があるでしょう。

ただ、一つ注意しなければならないのは、顎そのものが短いというわけではなく、口との相対距離が近く、かつ、横顔になったときの顎の角度が緩やかであるため、全体としてベース型に見えるよりも丸顔に近く見える、という部分です。

この点は、頬についても同様で、ふっくらした頬の幅の膨らみは、全体としての少女感の創出に、こちらも貢献する。

他方で両義的なのは、頬骨と頬の下部の間に、口をすぼめたようなシャープなラインが見える、という所ですね。角度によってこの見え方が強調されると、すごく大人っぽい雰囲気になる。

分厚く、上唇と下唇が均等にめくれ上がっているように見える口の縦幅も、その色気に拍車をかけているでしょう。

下唇を突き出すと、少しいじけた表情にもなるし、こちらも子供っぽさと大人らしさの共存が見受けられる所ですが、特に鼻と顎との距離感、ここのバランスの絶妙さに気を配りたい箇所です。

さらにその延長で眉目についても述べると、目は、浅くくり抜いたような造形の平坦さ、ここもポイントの一つとなってきます。

特に縦幅はそれほど大きくなく、横幅に比重のある形でしょうか。かつ、上まぶたの焦点は左右均等であり、際立った特徴がないようにも見える(だからこそ詳細に見るのが難しい)。

敢えて言えば、まぶた内側の開きがやや急であることくらいか。それなのに強烈な眼力がある所は、やはり解析不能と言える所です。

最後に、鼻についても一つ付け足すと、鼻頭が結構大きめですよね。

小鼻の横幅も一定程度ありつつ、かつ若干上下位置も上気味なので、少しにんにく鼻気味に見える角度もありますが、その分小鼻の幅は極めてスリムでもあり、この辺のバランスが、アジア的な放埒さと日本美人な雰囲気の合間で中和されている。

以上、見てきましたように、顔立ちの細部は複雑な、相容れないようで共存可能な多数の属性の演出効果の相克なのですが、だからといってそれらを解析してみたところで、「全体」の透明感を再現できるはずもない。

最初の指摘に戻ると、相楽樹さんという女優さんはまさにBlu-ray イメージビデオ史上に残る傑作をリリースされています。彼女の究極の競泳水着姿が拝みたい方は、ぜひとも(入手困難な作品も一部ありますが)、DVDではなくBlu-rayで、当時の面影を再確認してみていただきたいと考える所です。ではでは。

コメント