池上紗理依ちゃんのアイメイクを目指す:TwitterやWIKI、インスタ、イベント画像を参照に

キャラクリ関連

ナチュラルなまぶた周りの感じを意識してみましたが、全然うまく行きません(失敗率97%)。

というか、初期の頃のこまっちゃくれたイメージとは、現在は大分イメージが違いますね。十代から二十代になっているので当たり前といえば当たり前の話ですが。

逆に言うと、今現在の大人びた雰囲気(この辺りはやはりご本人のインスタグラムを見るのが早いか)も勿論素敵なのですが、正直、Blu-ray で出ていないのが惜しすぎる(そしてAmazonリンクには表示されない)イメージ作品も、十代の頃には池上紗理依ちゃんは数多く出されているので、その頃の美少女から女優さん、タレントさんとして成長していく過渡期のお姿も、また究極だと考えてしまう所です(詳細は当ブログ内のグラビアアイドル批評に関する別記事をご参照下さい)。

さて、そんな池上紗理依ちゃんの作品群の中のヘアスタイルの変遷、などを意識してみても、彼女の特権的なあの眼力を模倣できるはずもないことは百も承知なのですが、それでもその過程で得られた造形の細部による印象効果に関わる知見について幾つか述べると、

まず顎先、ここ部分のシャープさは、全体としてのベース型の印象を際立たせることになるでしょう。

もう少し具体的に言うと、顎先自体はそこまで尖っているというわけでもなく、むしろ丸みがある。ただ、やはり顔を横から見たときの、前後に関わる角度がかなり強めに出ているんですよね。

そしてもう一つ、鰓周りからの顎の角度には、一方で少しゆとりがあります。こちらの特徴は、卵型の、柔らかな顔のラインを支える起因となっている。

次に頬に関しても述べると、頬骨の高さ、幅ともにしっかりとした造りは、かなりエキゾチックな、東南アジアの極端な美人さんを思わせる妖艶な雰囲気に直結します。

さらにいえば、さらに顔上部の幅と、顔下部のほっぺたの膨らみまで、ライン形成が極めて自然であり、前述した、卵型的でもありベース型的でもある顎のラインを、その都度角度によって補完する最適な条件にもなっていると思えます。

次に、これ以上の力強い眼差しはない、と思わせる眉目についても述べると、素の角度的には吊り目でありながら、猫目にもまんまるにもアーモンドアイにも見える形状が、本当に独特ですよね。

この表情によって様々に変わる個性は、元々の形状の、横幅のうちに目尻の鋭さも目頭のしっかりとした閉じ加減も同時にある、かつ縦幅も十分にある、多様な特徴を兼ね備えているからこそ表現されるものだとも考えられる所です。

上まぶたの焦点は少し内側よりであり、この点を強調すれば、吊り目でありながらもむしろ目尻の垂れ加減のようなものも演出できる。一方、まぶたのバランスは、少し下まぶた寄りに開きが強いでしょうか。何にしても、あらゆる表情の特性を兼ね備えたような、奇跡的な形状です。

次に、鼻についても述べると、ここはかなりアジア的な要素が大きいですね。

鼻筋上部の高さがそこまででもなく、かつ、小鼻両サイドの上下も少し上がっている。小鼻の横幅のラインも少し広めであり、鼻の形状はむしろ、かわいらしさ、子供っぽさに繋がっているでしょう。

他方で口は、こちらはかなり小振りだと考えた方がいい。上唇の薄さと下唇のバランスも少しいたずらっぽい印象を与えることになりますし、顔全体の中では幼さを表したり、全体を引き締めたりする要素ですよね。

最後に、忘れてはいけないこととして一つ付け足すと、虹彩の明るさと目のハイライトの強さ、この二点は細部の補足としてかなり重要です。

これは、全くカラーコンタクトとかではなくて、両目の色味が、茶色く、水分をかなり多く含んでいるように見えるんですよね。

中央の瞳の小ささもかなりポイントで、要は光の反射の仕方として、ここまで吸い込まれそうな表面はない。素のまなざしとしてこの光を湛えられるっていうのは、ちょっと他に類を見ない特性ですよね。

と、ここまで造形表現による印象変化の細部を見てきましたが、だからといって気鋭の女優さんの溌剌とした美を模倣できるわけでもない。ほぼ失敗していることは冒頭で述べたとおりです。

特に、本当に虹彩周りの表現には、正直、全世界を見渡しても池上紗理依ちゃん以外に存在しないのではないかと思わせる特異性があります。このまなざしを、女優業にも(もしくは再度グラビアアイドルとしての活動にも)引き続き生かしていってほしいものですな~。ではでは。

コメント