長濱ねるさんの艶のある黒髪ロングを目指す:公式ブログ画像や現在のWIKIを参照に

キャラクリ関連

前髪をもう少し全体に散らばらせたかったんですが、全くうまく行きませんでした。

というより、そもそも明るい茶髪めいていた時期もあるし、髪の色合いを意識しても全くどうにもならないことを実感しました。あの慈愛とポップ感の共存は欅坂在籍時のねるさん以外に出しようがない(失敗率100%)。

そしてそれらの究極のイメージも、公式プロフィール内などから既に完全に失われてしまっているのが悲しい。現在から長濱ねるさんがご活躍されていた頃の姿を参照しようとなると、欅坂46在籍時のLive Blu-rayなどを探すしかない所です。地デジ、もしくはフルハイビジョン以上の画質で、米さんや芽実ちゃんの姿も含めた当時の記録を手元においておくのも悪くはないかと(いや逆に、「ここから」とかは既に全員持っていることを前提としてですが……)。

さて、そんな置き換え不能の清廉さを持つねるさんの過去の髪色などを参照しながら把握できた知見を蛇足ですがこここからは幾つか述べていくと、

まず、これは別記事でも何度も指摘していることですが、顎を短く設定すると、幼さや、少女らしさを演出することに繋がります。特に今回の場合は、口元との相対距離が短く、顔下部のパーツ同士がかなり切迫した印象になっているのがお分かりいただけると思います。

頬も含めて話すと、むしろほっぺたは勿論ぷっくりとしてこちらもかわいらしい印象でありながら、頬骨位置はかなり上目にあり、そこから小さい顎先に向かって、シャープなラインが形作られている。

ただ、若干顎先が尖っているというよりは丸みを帯びているので、結果的には、上述した下顎部分の短さも相まって、丸顔に見えているのです。

次に、目と眉のバランスについて指摘すると、目は典型的な垂れ目ですね。目尻だけが垂れ下がっているわけではなく、目全体の角度が下方に向かっている。

けれども、だからといって上瞼と下まぶたのバランスが下まぶた寄りになっているわけでもない。ここはかなり難しい所ですが、上部のまぶたの、いわゆる半月型の稀有な屈曲、角度によってはそちらの美しさが強調されることもあるし、ちょっと気怠げな、うっとりとした表情をしているときにはまぶたの下部の広がりの方が強調されることでしょう。

一方で、鼻は、南欧型とでもいいますか、鼻筋の最上部に強めの凹みがあり、下部に向かって理想的な円曲がある。そして、鼻頭の下方に対する角度が、かなり深めですね。

このバランスだと、普通はかなり魔女的と言うか、近寄りがたいような窮屈さが顔に漂うはずなんですが、鼻筋も含めた全体がほっそりとしているので、小鼻のスリムさ、細長さも含め、過度に大人っぽくならずに気品だけが演出されていると思います。

他方で、口の形状も独特。リップの塗り方のせいもあるんでしょうが、上唇がきれいな三角巾のような形なんですよね。口端までめくれていないというか、うさぎとか、小動物のような口です。

比率としては、縦幅よりも横幅の方が広いか。それでも、上述したように上唇の範囲が中央によっているので、大口のような印象にはならず、貞節さを演出しているようにも見えます。

以上、見てきましたように、諸所のパーツの構成で、ある意味でのキリシタン大名の娘、的な印象を散りばめることは可能といえば可能ですが、だからといって本物のアイドルの究極の透明感、知性と友愛の同居などの細部を突き詰めることなどは初めから不可能です。その当然の結論にいつもながら行き着き、この記事の結びにしたいと思います。ではでは。

コメント