田中萌さんのインスタを参考にヘアメイク:Abema Morning やWIKI、熱愛も踏まえつつ

キャラクリ関連

公開されたチア姿も話題の田中萌さん。今回は前髪横流しのゆるふわボブに挑戦しようとしてみましたが、かなり失敗気味です。

田中萌さんといえば、この少しマット気味の髪質と、前下がり気味のおかっぱ的なボブのラインですよね。AbemaTV:Abema Morning の顔として定着した現在となっても、民放出演時からのこの若干枯れた(そしてそれだけに底の知れない)雰囲気はお変わりがない、とも考えられる所です。

某「本気のフル尺動画」を例に取るまでもなく、秋田出身の田中萌さんはある意味での骨太さ、限界をぎりぎり突破する感じが最大の魅力の一つであるとも言えます。

入社直後は、弘中綾香さんとよく似ている、と言われていたらしい彼女ですが、少し華奢さもある弘中アナとはその辺りの印象はかなり異なる、とも思われる所です。

そうしてディテールの一部を参照しても仕方のないことは承知しつつ、続けざまに過去の画像などを見て部分部分について得られた知見を述べていくと、

くっきりとした顎のライン、ここの特徴は、芯の強そうな印象を決定づけるのに重要な役割を担っているでしょう。

しっかりと、顎全体の横幅は備わったまま、くいっ、とした角度が先端に付けられている。この、角度と幅の兼ね合い、が非常に重要なんですよね。口元と顎先までの距離が微妙に離れている、のもポイントと言えるでしょうか。

そして、細面ともたぬき顔ともどちらとも取れる頬の膨らみ加減(もしくは痩け加減)。この頬の印象は、口元の表情によってもその都度変じられるのですが、この口の形自体がまた絶妙。頬と同様に、大きすぎず、小さすぎず、強く横に開けば少し隙のある顔立ちにもなりうるし、きっ、とすぼめればまさに報道関連に特化した女性アナウンサーの真面目な表情にも変容する。

他方で、眉はややぼんやりした困り眉です。そして、目の特徴としては、目尻にかけて急激にラインの下る(目の角度とは別の)垂れ目感、ですよね。

むしろ、角度自体は若干吊り目気味ではあるのですが、素の、目尻の印象をアイメイクで変じさせない限り、かなり垂れ目な印象が保持される。この上目部分の目のラインは、やさしさと妖しさを同時に表現するのに決定的なポイントです。

さらに言うと、鼻のライン、ここはかなり強めです。鼻筋上部はそこまで高くないけれども、下部がかなりシャープでメリハリのある大人っぽい鼻立ちです。

ただ、小鼻の横幅はやや広めですよね。こちらは独特のかわいらしさ、子供らしい表情を見せるのに貢献している。返って、小鼻の向きと前後加減は細みであり、そこがたった今述べた子供らしさをうまく引き締めて調和している。返す返すも、やっぱり美人さんっていうのは常にアンビバレントな存在なんでしょうね。

最後に、虹彩周りについても少し触れておくと、瞳はかなり黒目がちで、ハイライトの反射する光もかなり強めです。この辺りがどういう仕組みになっているかは正直わかりかねるのですが、白目そのものを充填してしまいそうな大きな瞳が、つぶらな質感を表象する。

と、最後はは少し駆け足になりましたが、その美のある意味での近寄りがたさ、模倣不可能についていつもながらに言及して、この記事の結びにしたいと思います。ではでは。

コメント