初期の内田理央さん的ヘアメイクを目指す:公式Twitter、WIKI、インスタ、DVDを参照に

キャラクリ関連

グラビアアイドルとしてご活躍されていた頃の感じを目指してみましたが、どうにもうまくいきません(失敗率98%)。

仮面ライダードライブの巡査役を始め、今や女優として確固たる地位を築いている内田理央さん。あの、強烈な目力とオタカレ募集中な内向性を持っているわけですから、ある意味では初めから演者として成功することが約束されていたんでしょうね~(最早だーりおちゅーぶですらかなりなつかしい)。

ただ、ごく初期の頃からの内田理央ファンからしてみると、彼女のイメージビデオの数々も、極めて名作揃いだ、と言い切りたい所です。十作品目の、当時の集大成としての「Final Fantasy」のような作品も含め、実に、女優として活躍され始めてからリリースを続けた作品群も合わせると、11作品ものイメージを発売されている(Blu-rayじゃないのが少し残念な所)。

まあ、古くからのファンにとっては言わずもがな、かも知れませんが、高身長なところも含め、あれだけの美貌を持った女性はタレントさんや女優さん含めても中々いらっしゃらないですからね、はっきり言ってすべてのDVD作品を収集しておいても全く損はない、どころかファンにとってはすべてが必携モノと言えます。

さて、勿論そんな彼女のヘアメイク周りだけを模倣しても全く意味がないことは百も承知しているのですが、今回、過去のDVD作品群などを改めて視聴してみて得られたキャラメイクに役立てられそうな知見を幾つか述べると、

まず、頬から顎先に至るまでのかなり急なライン、が一つの特徴としてあげられると思います。

と言っても、ここで注意しなければならないのは、顎そのものの幅が狭いわけではない、ということですね。むしろ、顎先自体はかなりしっかりと輪郭をしているんですが、むしろ頬の部分ですよね、ここの加減が、極端に細面である。

頬骨の幅と高さもしっかりした一般的な美人顔であるため、特にこの頬のラインのシャープさは際立つ所です。翻って、ここの先鋭さ加減が、顎周りの輪郭全体に引き締まった印象を与えている、と。

次に、眉目周りに目を移すと、ぱっと見開かれたときの究極の目力。この点は、目頭部分、目尻、そして上まぶた、下まぶた、とすべての方向に開かれた目の大きさに因っている所はまず間違いがないところでしょう。

バランスで言うと、やや下方寄りに重点があり、少し垂れ目がちでもあるでしょうか。ただ、全体としてはアーモンドアイとまん丸のちょうど中間のような、ほぼ理想、と言っていいまなざしが形作られていると思います。

さらに言うと、ここが敢えて閉じられかけていることも多く、気怠さや退廃的な雰囲気を表現することもできる。だから、見方によってはさらに上方の形状が制限されていることもありえますね。

続いて鼻の形状に移ると、目と比べて相対的にかなりシャープに写りますが、それは目とのバランス故なのであって、特に小鼻周りの横幅はかなりしっかりとしています。鼻筋はごくスリムですが、小鼻周りの角度もやや上方に偏っており、また、鼻先も大きい。

全体として、大人っぽく、鼻筋上部の高さもしっかり出たいわゆる鷲鼻に近いと言えるでしょう。それでもかわいらしさが維持されているのは、全体がやや短めであるから、とも考えられます。

最後に、口についても述べると、唇全体の縦幅が広く、さらに上唇の厚さもたっぷりとある、極めてセクシーと言わざるを得ない形状になっております。しかも、横幅もかなり広く、ここもリップの載せ方によって多様な表現が可能な領域であると言えます。

以上、最後は若干端折りましたが、細部のディテールの個別観測をひとまず終えますと、結論としては、やはり単なるパーツによる特徴表現ではどうにもならない所がありますね。

初めに述べましたように、初期のイメージビデオの作品群の中には看護師だったり女教師だったり、セーラー服だったり、競泳水着だったり、それこそ現在の位置を築くまでのある意味での鍛錬の様子、それでいて既に完成されている美が表現されていますので、内田理央さんご本人の究極さを目の当たりにしたい方は、そちらを参照なさることをお勧め致します。

上記画像のようなオリキャラを作成しても何の価値もない、という結論に今回も到達して、記事の結びにしたいと思います、ではでは。

コメント