忍野さらさん風前下がりショートボブを目指す:公式TwitterやWIKI、インスタを参照に

キャラクリ関連

極限まで色気を漂わせようとしてみましたが、どうもうまくいきません。

TwitterInstagramでのお姿を例に取るまでもなく、忍野さらさんはまさに究極レベルでの艶めかしい体と色気のある顔立ちをしているんですが、ただうっかりしていたのは、むしろ透明感と気品ですよね、こっちの表現をどう捉えるかという視点を忘れていた。

結果、何かあのみずみずしさを失ってしまった、というか、単なるばさばさしたショートヘアになってしまいましたね。常に水の滴っている感じ、髪の質感と艶、なめらかさが足りない。

まあ、そんなふうに髪型にばかりこだわったとしても、当然のことながら上述した忍野さらさんの作品内に溢れたぷるんぷるんの感じ、溌剌とした彼女のパーソナリティを模倣できるはずもないんですが、「Honey」や「Re-born」などの動画を参照する過程で得られた知見を幾つか述べると、

まず特徴的なのは、シャープな顎ですよね。ここの先鋭さがほとんどセクシーな印象の源泉です。

いわゆるJ字型の、和風の美人に見られるような顎の角度と、頬の凹み。頬骨位置も高く、頬の皮膚も薄いため、ここの立体感と、逆三角形を模したようなラインが、特に際立ちます。

ついでに述べると、唇の形も非常にセクシーです。口角上がり気味の明るい表情を基準としながら、横幅は狭く、縦に大きく上唇下唇ともにめくれ上がった形状をしている。

この横幅が狭い、というところがポイントで、全体が極端にシャープな顔立ちの中でも、この口の形状が印象を引き締め、上品さを保っている。

一方で目の方はと言うと、大きくパッチリとして、目尻と目頭の自然に開いたアーモンドアイ的でありつつ、両端の先端はかなりシャープでもあり、表情を緩めたときなどは切れ長にも映る。かつ、吊り目感と三日月上まぶたの両要素を併せ持つ、理想的であると同時にかなり特異な目です。

他方、鼻の方は、こちらも顔の輪郭と同様にかなり先鋭的でシャープな印象です。

特に、鼻全体の角度が、下方を向いている部分、そして小鼻の横幅が狭い部分、この2点が、例えば岡本玲ちゃんの鼻の形状などとも似通っている(かと言って、その特徴と透明感がどう繋がるかは定かではないですが)。

そして最後にもう一つ付け足すと、上記の特徴をさらに上書きする最大の質感としては、肌のくすみの無さ、も挙げられるところだと思います。

単純な色白さ、などではなく、何か常に一定の光を反射するように、均質で、透き通っているんですよね。この点がどう表現されるべきなのかは正直分からない。

というわけで、ここまで幾つか、部分部分の特徴を切り抜いて語ってきましたが、それにしても明らかなのは、冒頭で述べた忍野さらさんの魅力そのもの、などを一部でも模倣しようというのは、やはり全く不可能だということです。

それらのことは、実際に、特に高解像度のBlu-ray作品を既に鑑賞済みの方にはまったくもって自明であることでしょう。逆に、未視聴の方は、彼女の全ての「質感」の究極さ、極限の透明感をご覧になってみていただきたい所です。ではまた。

コメント