梅澤美波さんのようなきれいなロングヘアーを目指す:公式ブログ画像やWIKIを参照に

キャラクリ関連

少しマットな質感と無造作感を意識しました(失敗率96%)。

ただ、あのゆるっとしたウェーブ感は全く出せませんでした。そして、気怠げなお姉さまの究極体としての乃木坂公式ブログの画像感も全く出ません。というか、パーツパーツに最上位の美を備え付けて構成されたような方ですからね、当然、髪型をある程度意識してみたところで何の足しにもならない。

途中、改めて検索かけてみたら、候補に写真集、って出たんで他のメンバーと同様、梅澤美波さんも写真集出したのかと思ったら、普通にアマゾンの乃木撮リンクしか出ませんでした(汗)。まあ、むしろ普通に写真集出すために特化したようなモデル体型してらっしゃるんでいつかは出るでしょうが、現状ではご本人のブログ写真を拝むか各種メディアを参照するしかあの完璧さを鑑賞する機会はないんでしょう(何故かすげえ画質いいですしね)。

と、一つの結論に行き着いた所で、改めて、ヘアメイクの一部などを参照して得られた知見をいつもながらに述べていくと、

まず、意外と短めに映るのが、顎ですね。これも他の記事で何度も述べていることなのですが、鼻と口の相対的な位置づけが下方よりになる。だから、顎そのものの長さというより、鼻と口の位置取りとの距離感が近い、というわけです。

この点は、丸顔としての印象を強めることになる。頬自体は高い位置にあり、細面でほっそりしているのに、少しやわらかい、猫のような輪郭をしているのはこのためです。

もう少し詳細に言うと、顎先にも少し幅がありますよね。この点も輪郭の丸みを補正している。

尚、頬骨周りの幅はやや広め、と言えるでしょう。瞳の大きさに比例するように、おでこと両目を繋ぐきれいな輪郭線があります。

他方で、目と眉のバランスはと言うと、いわゆる猫目とアーモンドアイのいいとこ取り、といった感じでしょうか。少し吊り目でありつつも、目頭と目尻の開かれ方が均等であり、まん丸い目に見えることもあれば、きりっとした鋭い眼差しに映ることもある。

あえていうと、少し上まぶたの比率に対して下まぶたの開き具合のほうが大きいかも知れません。この点は、上記の完璧すぎる造形の中に、少し甘さを与えているでしょう。

続けて鼻の方はと言うと、南欧的というよりは東欧的ですね。鼻筋の始点の高さも相対的にある方。そして、鼻頭もかなり大きめなので、高貴を通り越してちょっと近寄りがたいような隙きの無さがあります。

もう一つのポイントとしては小鼻の位置が若干上方よりでしょうか。まあ、それ以上に先鋭的な小鼻のスリムさが、特に横顔になったときに際立つので微差でしかない所です。

最後に付け加えると、口は至って平均的な形状と言えます。上唇の方が下唇よりも薄めですが、表情を崩したりすると、それに応じて横幅も縦幅もかなり広めに見えることもある。

何にしても、頬骨周りにやや強めに入れられたチーク感を意識してみたところで、猫顔お姉さまの究極である姿形には到底行き着き得ない、というのが、いつもながらにたどり着いた結論であります。素直にBlu-rayでも見とくしかないってことですね。ではでは。

コメント