初期の与田ちゃんっぽいメイクを目指すも完全に失敗:公式ブログ、WIKI、写真集を参照に

キャラクリ関連

SHOWROOMで候補生だった頃の感じを目指しては見たものの、やっぱりあんな風にはなりませんでした……。

まあ、そこから三期生としてのデビュー、1st写真集から2nd写真集の発売に至るまで、
イメージの変遷があるのは当然といえば当然の話なんで、髪型のみを初期っぽくしてみたところで、あの小動物感を出せるはずなど初めから無い。

頬周りが痩せて体調を心配されていた時期もあったようですが、確かに、小さいけど色気はあるとよ~、と言っていた頃の頬周りのぽっちゃり感の方が、まだあどけなさも残り、究極だったと考えられるファンの方々もいらっしゃるでしょう。

それらのイメージを振り返るとなると、他のメンバーと同様に過去の地上波放送やLive映像のBlu-rayを参照するのが勿論一番手っ取り早いですが、特に与田ちゃんの場合は、Showroom配信でのサービス精神、とか、充実度がすごいとも考えられる所です。この辺が、地道にファンを増やし続け、かつファンの心を捉えて離さない秘訣なんでしょうな~。

さて、そんな与田祐希さんの魅力は置き換え不能である、ということは冒頭から述べ続けていることですが、それでもここでは、幾つか、与田ちゃんの過去のヘアメイクなどを検索していて気付いたことなどを列挙していくと、

まず顎がかなり短い。この、顎の短さの特徴というのは、他の記事でも幾度か書いておりますが、顔立ちにかなり幼気な印象を与えることになります。

ただ短い、と言っても、顎そのものが短いというわけではなく、口との相対距離が近い、ということですね。プラス、顎先にも若干丸みがあるので、この短さが際立つ。

もう一つ、鰓のラインから顎先にかけて、若干凹凸がありますね。ここも、同様に他記事で既に言及済みですが、この顎のラインの微妙な凹みという特徴は、骨格が定まっていない感じ、というか、さらに少女的な印象を強めることになります。

一方で、ほっぺたの膨らみは(時期と角度にもよるでしょうが)、かなり抑えめであると言えます。

というか、頬骨が高く、頬のバランスも上部側によっているため、顎先への急速にすぼむラインが、かなりシャープなんですよね。この辺りは、幼さの中に潜む色気、のようなものに直結していると考えられます。

次に、眉目の方はと言うと、特に目の形状の判断は非常に難しいところだと言えます。

上まぶたの焦点は、若干内側にあるか。そしてエキゾチックさを象徴する一つの特色を挙げると、目尻の上下位置の切り開かれ方、といったところになるのでしょうか。

何にしても、この辺りの印象はかなり両義的で、下まぶたの領域の方が上まぶたよりも広く見えるときもあるし、角度によっては吊り目に見えたり垂れ目に見えたりする。直前で述べたように、目頭部分より目尻部分の方が広いことは確かなのですが、見開かれたときの目の縦幅も相当なものだし、このまなざしが、ころころと変わる多彩な印象を形作っていると言えるでしょう。

他方で、鼻の形もかなり特殊ですね。正面から見ると、かなり鼻筋の通った、かつ横幅もしっかりとした高鼻に見えるところなのですが、実際には高さはそこまででもなく、むしろ鼻筋上部からの直線的なライン、が際立った高貴さを表現している。

また、全体の長さもそこまででもなく、短い範囲に収まっていることが、鼻立ちのかわいらしさの置き換えにもなっているでしょう。

最後に、口についても一つ付け足すと、横幅はかなり引き締まっていますね。

ただ、その印象もリップの載せ方(口端にあまり塗らない)によっていると考えられなくもない。この辺も、かなり時期とヘアメイクそのものによって変わってくる所もまた、イメージの変遷として面白い部分です。

………………………………
と、ここまでパーツ構成による印象変化の細部を見てきましたが、全く以ていつもと同様に理解できたことは、美少女の全体イメージの模倣などは不可能である、ということです。

なにせ、現在人気ナンバーワンかも知れないアイドルのかわいらしさであれば尚更、置き換え不能、分析不能です。あとには、当方の浪費した時間だけが残る。普通に、最新の与田ちゃんのイメージ見るのが懸命というものですな。ここまでお読み下さってどうもありがとうございました。

コメント