梨木まいさんの段付きゆるふわボブを目指す:TwitterやWIKI、秘湯ロマン、写真集を参照に

キャラクリ関連

舞台女優として活躍する梨木まいさんのばっさりとしたショートボブを意識してみましたが、見事に失敗しました。

というより、一部のファンにとってはテレビ朝日で隔週(もしくはそれ以上の間隔を開けて)深夜放送されている秘湯ロマンでのお姿の方が馴染み深いのかも知れないのですが、まあ時間が時間だけに、知る人ぞ知る、美人中の美人という位置づけになっているのかも知れません。

もう少し付け加えると、なんというか、ご本人のTwitterなどを見る限り、めちゃくちゃひょうきんな方ですよね(そして動物もものすごく好きみたいです)。秘湯ロマンでの入浴シーンなどに垣間見られる完璧なスタイルと、それでいて尚表情も豊かで面白い内面も持っている、と来たら、「本当に、秘湯にはあらためてロマンしかねえな」、と視聴者の一人として呟かざるを得ないのも当然のことと言えるでしょう。

と、かつての民放放送時の感想ばかりを書き連ねていても仕方がないので(それらは上記公式サイト内でアーカイブ化もされています)、写真集「湯上がり美肌」でのさらに艶めかしいお姿も含めた画像などを参照する中で得られた、ヘアメイクや顔立ちの諸特徴、造形細部の構成による印象変化に関する知見をいくつか述べると、

まず顎先の前後感、ここはかなり際立った特徴として挙げられると思います。

ただ、ここは単純なベース顔風のライン、ではなくて、顔全体はむしろ細面、なんですよね。この辺りのバランスが凄く難しい。

顎の起点となるエラ部分の幅もそこまで広くないと思われるんですけれども、むしろ顎先の幅自体がかなり厚めであるため、全体の前後感覚はかなり強めになる。ここが、独特の先鋭さ加減の源であるでしょう。

続けて頬についても述べると、ここも顎の場合と全く同様の微妙なバランスが存在します。

特に表情を崩したときなどに顕著なのですが、頬の膨らみ加減にはかなりの幅が見受けられる所です。実際、上では細面と一旦書きましたが、目元付近の幅と、顔下部の幅にはかなり乖離がある。

しかしながら、普通ならこうした熊顔に近くなってしまうような印象でさえも、するっとした「細面さ」の中に収まっているのは、やはり幅と相対する前後感、ですよね。ここが抑えめな造形になっている為に、全体としては横顔の立体感のみが際立ち、かなり引き締められている。この辺りの、幅とやわらかな膨らみを保ちつつ、前後感によって鋭さも同時に演出されるバランスは、非常に特異なライン構成であると言えるでしょう。

次に、眉目についても述べると、幅の短めな困り眉がデフォルトでありつつ、唯一無二、と断言できるのは、ほとんど猫目という言葉の意味の置き換えとも取れる際立った吊り目、の造形です。

目全体が吊り上がっているばかりではなく、目尻の角度までが上部に開いている。さらに、目頭側にはかなり広めな「すぼみ」があり、全体として、ここまで切れ長、な目の形状も珍しいでしょう。

正直、猫柄のフェイシャルマスクをしなくてもほぼ猫、と言い切っても全く問題はない、とすら言えると思います。

他方で、鼻造形に関しては、若干にんにく鼻気味、とも言える所です。笑顔が基本の表情なので、この頬周辺の横幅の広さは特に強調されます。

小鼻の角度もやや上方側に強い吊り上がりがありますし、鼻頭の大きさ以上に鷲鼻感もある。むしろ鼻筋事態はかなり細めだとも言えると思いますが、いずれにしてもこの辺りは多分に表情によって補完される部分でもある所です。

最後に、口についても述べると、上唇はかなり薄めですね。この、興味のなさそうなものには全く興味がない、薄情そうな感じもまたイイんですよね。そして、相対的に下唇よりも幅の狭い上唇は、口を閉じたまま表情を崩したときのアヒル口感の導入にもなる。

……何にしても、ここまで個性的な各造形ばかりが集められ、かつそれらが全くぶつかることなく、完璧なバランスで収まっている顔立ちも珍しい、というのが全体に渡る結論であるとも思われます。

そして、それらの細部を模倣しようとしてみた所で(いつもながらの所感ですが)、あの、秘湯ロマンなどで見られる梨木まいさんの究極の淑女感、一緒に旅に出てみたい女優No.1な感じを再現できるはずもない。

本当に、それでも実際すごいイケメンの役者さんとか売れっ子の作家さんとかと温泉言ったりもしてるんでしょうなあ……。いや、最後に気味の悪い憶測で〆てしまって申し訳ないのですが、まあ、一度でも秘湯ロマン見たことのある人には共感してもらえる部分もあるはず、とかなり強めに思います。ですんで、結局の所、そちらのアーカイブとか写真集見たほうがこんな記事読むより早い、ということですよね。

正直、イメージビデオでも出したらぶっちぎりの名作が出来上がると思うんですけどね~。いや、女優業で忙しそうなのでほぼそちら以外の方面に進むことはないんでしょうな。そんな叶わぬ願望を私と同様に持った方がもしいらっしゃれば、上記、秘湯ロマンアーカイブや写真集などを現時点での限界としてぜひご参照下さい。最後はなんか冗長になりましたがこの辺で失礼致します。ではでは。

コメント