視聴回数0回の動画は何故存在するのか。

投稿者: | 2018年1月27日

まず初めに断っておかなければならないのは、
このブログ自体、
とても人気がないということだ。
同様に、一ヶ月ほど前に開設した
YOUTUBEチャンネルも、ほとんど人気がない。
WEBなどで調べて、SEO対策も施したのにも関わらず
アクセス数が増えないとお悩みの
そこのあなた! ご心配なく。
下には下がいるのです。

そこで、この記事の趣旨はと云うと、
私自身の不人気さを踏まえつつ、
何故YOUTUBE動画が全く再生されないかの
原因を探っていきたいと思う。
視聴回数0回を保持したまま
一ヶ月以上公開されているなんて、
ある意味奇跡ではないだろうか。
いや、原因はわかっているんです。
以下はその略歴。

まず、筆者自身、初めから
不人気YOUTUBER を目指していたわけではない。
むしろ、逆である。
できるだけ多くの人に動画を見てもらいたいと願った。
だが、GOOGLE様は無慈悲である。
価値がない、と判断したチャンネルや動画自体には、
全くチャンスを与えないのである。
視聴回数0回というのは、
そもそもその動画が良いか悪いかを判断する機会すら
与えられていないことを意味する。
では、その原因は何か。
それは、タイトルやタグの設定からして、
ただの一度すら再生される価値が無いと
単純に判断されているのです。

私自身馬鹿だな、と思ったのは、
検索されやすさ、を望むあまり、
いわゆるビッグキーワードばかりを
組み合わせてしまったことだった。
人気のあるキーワードは確かに
検索される機会を増やしはするが、
それは即座に、実際に再生される回数へ
直結しはしません。
むしろ、それだけ他の動画作成者やブロガーも
同様のキーワードでタイトルやタグを
付ける可能性も高くなるわけで、
結果、草の根YOUTUBER がそのような
人気のあるテーマでタイトルやタグを設定したとしても、
ものすごい下位でしか検索結果に
表示されないことになるのだ。

発見されることが奇跡のレベル、
GOOGLE EARTH上の希少種、
それが、ビッグキーワードを連ねた
不人気YOUTUBERの動画というものなのです。

もちろん私自身、ただの一回も
動画が再生されたことのない人間ではありません。
何度か再生されたことは確かにあります。
ですが、これはYOUTUBERの方ならご存知の、
クリエーターツールのアナリティクスで分かることなのですが、
やはり視聴者維持率が低いです。
つまり、価値が低いのです。
そこら辺のチャンネル全体の評価が、
動画一つ一つへの機会を損ねている部分は、
確かにあるだろう。

その実例↓

ここからは上の動画のつまらなさを踏まえて、
筆者自身が再生回数を増やそうとして意図したこと、
そしてその目論見がいかに失敗したかについて、
具体的に言及していきたい。

上の動画は本当につまらない定点観測なのだが、
ゲーム内キャプチャとして筆者がそれを作成した時、
これを本当にオモシロイと思って作成していたのである。
才能のない人間、の典型ですね。
で、それをどういうタイトルでアップロードすれば
人気のある動画になるのかも、
明確に頭のなかにあった。

というか、そもそも、
筆者は初め、YOUTUBEで一番効率的に再生回数を
増やしているものはどんな動画なのだろう、
と考えた。
結果、ヒーリング動画みたいなものに行き着きました。
で、思いついたのが、
ゲーム内のリアルっぽい風景を、
ゲーム内サウンドとともに、
擬似的なヒーリング動画みたいなものとして
構成できないかということだった。

元々、MODなどを導入してゲームすること自体は
好きだったんで、(というか、本当にゲームを愛している
人からすれば私の思いつき自体が迷惑な話ですよね、全く)
作業している時間はとても楽しいものだった。
ただ、そもそもヒーリング動画を模倣しようとしたこと
自体が、大きな間違いである。

前述したとおり、人気のあるキーワードやタイトルは、
何年も前からその筋で実績のある
チャンネル様に掌握されているから、
そこに新参者が自分の動画をねじ込む、
のは至難の業なわけです。
もちろん、そこに徐々に這い上がっていく
きっかけを作る実力を持った方は
おられるだろうが、私に関しては、
全く自分の考えが甘かったと認めざるを得ない。

具体的に動画を参照しつつ、
さらに、私の陥ったもう一つの誤りにも
言及しておこう。それは、人気のある
別ジャンルのキーワードを組み合わせることで、
そのジャンル双方のユーザーを獲得できる、と
思ったことだった。
……これも決定的な間違いです。

今回の場合はゲーム動画、とヒーリング動画、
の組み合わせなわけですが、
仮に2つのジャンルのキーワードとして、
skyrim と pure water,lakeside などを組み合わせたとしても、
実体験上、
双方のキーワードは同時に全く効果を得られず、
skyrim は skyrim で別の数多の
MOD紹介動画クリエーター様の動画に食われ、
他方でヒーリング関連のキーワードからの
検索者はほぼない、という悲惨な結果に終わった。

つまり、何が言いたいかというと、
本当に才能とかタレント性のある奴らは、
もう自然と上に上がっていきます。
(……何じゃそりゃ)
だから、SEO対策とか考える必要はないでしょう。

一方で、わたしのような不人気な動画製作者が
考えなければいけないことは、
もう、徹底的にニッチを狙っていく、
ということだと思います。
(そう、これが言いたかった)。
みんなが検索したいんだけれども、
誰もそれについて言及していないもの、
その隙間を埋めていくしか、
初めはないんではないかと。

=結論=
ビッグキーワードとビッグキーワードを
結びつける、というわたしのような試みは、
絶対にやってはいけません。

私自身はそれを明確な「隙間」だと思って
やったわけですが、
誰も
ゲームの中にヒーリングは求めないし、
ヒーリング動画の中にそれがゲームで
構成されている、という必要性は
感じていないわけです。
だから、素直に、
はじめから開けられた隙間を探しましょう。
以上です。

と言いつつ、最後にひとつだけ、補足を。
何故、ある意味で「退屈な」ヒーリング動画が
あれほど再生されているのかの
自分なりの結論です。
それは、動画の再生時間にあります。
while you sleep という
キーワードは典型的なものですが、
それらはある意味で、
寝オチを狙っているのです。
動画が再生されているうちに視聴者が
寝てしまえば、
それはその睡眠時間だけ、
動画が再生されていた、ことになります。
(つまり、検索エンジンにとって、価値がある、
ことになります)
いや、もちろん視聴者は快適な睡眠を
求めて動画を再生するわけで、全く
需要と供給が一致しているんですけどね。

そして、「お前の動画自体がつまらないんじゃ……」
と思ったそこのあなた!
あなたは全く正しい。
その、正しい感性で以って、
じゃんじゃんオモシロイ動画
作っちゃってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です